ホーム

記事一覧

RSS

河野太郎外相、東京新聞を痛烈に批判 「核軍縮の政治的利用」「後ろから鉄砲玉」


 河野太郎外相が16日付の自身のブログで、核軍縮をめぐる東京新聞の報道姿勢を痛烈に批判した。

 河野氏が取り上げたのは、8月にスイス・ジュネーブで開かれた軍縮会議に関する東京新聞の8月23日付の記事。2014年から軍縮会議で毎年行われてきた日本の高校生平和大使による演説が今年は見送られたことを東京新聞は批判的に取り上げた。

 国連で7月に採択された核兵器を違法化する核兵器禁止条約に、日本政府は「不参加」の立場を取った。記事では、このことと絡めて「高校生たちがスピーチで、禁止条約に触れることに危機感を覚えての対応ではないか」との第三者のコメントを引用し、日本政府が平和大使の派遣を意図的に控えたかのような印象を与えている。

 河野氏はこれに対し「全会一致で運営されている軍縮会議で、高校生の演説に反対する国があった」と反論し、平和大使が別途、自分の考えを表明する機会を設けたことを説明した。

<以下省略>

※引用元:

河野太郎外相、東京新聞を痛烈に批判 「核軍縮の政治的利用」「後ろから鉄砲玉」

http://www.sankei.com/politics/news/170916/plt1709160015-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 河野外相は就任以来、実に大胆かつ緻密な論理展開と外交・政策展開を遺憾なく発揮している。正統派で素晴らしいと思う。王毅への対応は実に小気味よかった。小泉さんではないが、大化けしそうな逸材だと思う。頑張って欲しい。
  • 最近、東京新聞が政府に攻撃的な発言や記事を掲載して問題になっているが、その辺でやめておかないと、益々不利になるぞ! 東京新聞の親会社は中日新聞だけど、あまりエゲツない行為していたら、中日ドラゴンズのファン離れにも波及するかもよ❗️、
  • ◆第三者に言わせて新聞社は責任を取らない一番卑怯なやり方。東京新聞は相変わらず取材する事無く第三者に言わせる憶測で書いてる。これが新聞社と言えるか?
  • 産経は政敵をくさす材料に使ってるだけだが、原文から読める感じからすると、河野太郎さんは「脱原発を政治利用してるだけと思われてもいいの?スタンスを見直してほしい」というメッセージで書いてるように思う。...
  • 官邸御用紙の読売やネトウヨ同人紙の産経を叩くと怒られるけど、憎き東京新聞を叩けば安倍へのゴマすりマイレージが貯まるんだろうな。哀れ
  • 政府批判してるオレ、チョ~~カッコイィィィイイイって、言ってる単純さんと同じなのかしら? ↑そういうの批判する、オレ、スゲ~~~レイッセェイッ! と言ってる脳筋のオレ。
  • 政府批判に必至になる輩の情報源は常に他人のもの。週刊誌とか・・・ 取材能力の無いバカは質問するなよ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: