ホーム

記事一覧

RSS

米B-1B「ランサー」が核攻撃不可なワケ 話題の戦略爆撃機、封印はロシアが保証?


昨今の朝鮮半島情勢に呼応し、アメリカ空軍のB-1B「ランサー」戦略爆撃機がなにかと話題に上っています。核搭載能力が取り沙汰されることもありますが、不可能であることはロシアが保証しています。どういうことでしょうか。

 2017年8月29日(火)、北朝鮮は「火星14」と称する弾道ミサイルの発射実験を実施、また9月3日(日)には水爆とみられる核実験を実施しました。それにともないアメリカ空軍と海兵隊および航空自衛隊は8月30日(水)にB-1B「ランサー」戦略爆撃機とF-35B「ライトニング」戦闘機、F-15J「イーグル」戦闘機による共同訓練を実施、また9月8日(金)には再びB-1BとF-15Jによる訓練が行われ、日米は結束をアピールするとともに北朝鮮に対する圧力を強めています。

※引用元:

米B-1B「ランサー」が核攻撃不可なワケ 話題の戦略爆撃機、封印はロシアが保証? | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/78547


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 米露両国はB-1Bから核搭載能力の封印を条件に戦略兵器削減条約の制限外と見なすことで合意 そして戦略爆撃ではなく地上戦力を攻撃する緊急近接航空支援という任務になっているとか。少なくとも核爆撃機と言われるのは間違いです。
  • 戦略兵器削減条約で核兵器の運用が出来なくなってる事や運用開始までの紆余曲折が簡潔にまとめられてる良記事。
  • …今回の茶番劇にともなうB-1B出張にかかる経費は、やはり日本が負担するんだろうか。
  • “新戦略兵器削減条約付属議定書第9条において…透明性確保が明文化されており、ロシア側は年に1度、アメリカ空軍のB-1Bを任意に3機指定し、核の封印が順守されていることを検査、査察する権利を有すことが定められ…
  • 書きました!B-1Bが何故核を積めないのか、どうやって核搭載能力を排除したのか、そしてそれはロシアが査察で確認しているというお話です。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: