ホーム

記事一覧

RSS

<臨時国会>首相、冒頭解散で調整 10月22日投開票が軸


 安倍晋三首相は28日の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。政府・与党は衆院選を「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施することを軸に調整に入った。内閣支持率が回復基調にあるとみて、民進党など野党の選挙協力や、小池百合子東京都知事の側近らによる新党結成の動きが進まないうちに解散する方が得策との思惑がある。

 首相は17日夜、自民党の塩谷立選対委員長と私邸で会い、臨時国会冒頭での解散を念頭に選挙準備を進めるよう指示した。首相は小池氏側近らの新党に触れ「時間がたてば(新党の)態勢が整ってくる」と述べ、早期解散が必要との考えを示した。

 北朝鮮情勢などを見極めたうえで最終判断する。召集日か、10月2~4日に想定される代表質問直後に解散する考えだ。解散から公示までの期間が短いため、事務手続きを考慮して「10月17日公示・29日投開票」の日程も検討している。

<以下省略>

※引用元:

臨時国会:首相、冒頭解散で調整 10月22日投開票が軸 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170918/k00/00m/010/123000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • ネガキャンくどい(笑)仮にモリカケ隠しであったとしても国防選挙の方が大事。疑獄事件でもないモリカケ追及の方が政治空白で容認できないな。
  • 自分達の都合だけで解散、選挙って、あまりにも身勝手過ぎないか。なぜ期間満了できないのか。選挙やその後の大臣交代等にどれだけの税金が投入されると思っているのか。
  • この時期に政治的空白を作るとは・・・。 政権は,北朝鮮の暴発や米国による軍事介入は,ないと考えているということか。 やはり「北の脅威」必要以上に煽られた虚構なのだろうか・・・。 とすれば,何のために・・・。
  • 改憲基盤を築くと言うが、もう充分にあるわけで。政治的空白が怖い。種々の問題についての議論を深めるべき。
  • 首相は、8月に発足した改造内閣を「仕事人内閣」と名付け「経済最優先」で取り組む姿勢を強調してきた。←山内久司さんはあちらでどのように思っているだろう‥。
  • ホントに国民無視、自己都合だけの衆院解散。野党の存在感が希薄な状況で自民の不戦勝確実。国会の私物化は何とかして欲しい。
  • 大義はずばり9条改憲の必要性でしょうに。モリカケで騒いで与党から票が溢れると思うなら延々とやれば良いさ。9条を棚に上げて虚しい奴等。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: