ホーム

記事一覧

RSS

<衆院解散強まる>問われる大義名分 公明、改憲回避の思惑

 安倍晋三首相が臨時国会冒頭にも衆院を解散する公算が大きくなった。内閣支持率が復調する一方、民進党は混乱が続き、小池百合子東京都知事に近い議員の新党も準備が遅れており、早期解散で機先を制する好機だと判断した。しかし政権維持を優先する解散に「大義」は乏しく、野党は「加計学園などの疑惑隠しだ」とさっそく批判。さらに北朝鮮情勢が緊迫する中で政治空白が生じれば、かえって国民の反発を招きかねず、首相の思惑通りに展開するかは不透明だ。

 首相は早期の衆院解散について「大義なき党利党略であってはならない」(自民党の萩生田光一幹事長代行)と、国民に説明する機会を設けて理解を得たい考えだ。しかし政権は8月3日の内閣改造で、自称「仕事人内閣」を発足させたばかり。通常国会からの「おごり」批判を受け、しきりに反省をアピールしてきた首相だが、解散なら国会で「丁寧に説明」する機会はまた先送りされる。経済最優先の看板も、具体的な成果を上げる時間などなく、「大義」を見いだす方が難しい状況だ。

<以下省略>

※引用元:

<衆院解散強まる>問われる大義名分 公明、改憲回避の思惑 - エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20170917/Mainichi_20170918k0000m010127000c.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 麻生さんは、衆議院解散が首相の専権事項と、憲法を全く知らないご様子。まあ、人柄としても仕方ないか。しかし、臨時国会も衆議院解散も、続けざまの違憲行為は度が過ぎる。
  • 本当に自民が勝てるかは微妙。そもそも政権に鉄拳を下すのは、週刊誌でもワイドショーでも国会の醜いののしり合いでもない、選挙のはず。だいたい自分達が大義なら選挙歓迎じゃないのか?
  • 安倍お得意の様子見解散宣言かな? これで世論がどう反応し、野党がどのようにふるまうのかを見て、やーめた、となるかもしれないし、世の中の空気が読めないバカだから本気かも。
  • あれだけ国会で森友・加計をやって、安倍総理がぐうの音も出ない程の決定的な証拠を野党は出せなかった。疑念が晴れたことの証。森友加計隠しと言ってる人らは現実を見てはいかが?
  • 大義名分などあるわけがない。スキャンダル隠しの選挙だ。混乱する野党の隙を突いた暴挙。前原さんが党首でいるかぎり、野党の足並みは揃わない。自民の勝利は、日本の終わりだ。
  • 選挙準備をしてない、行き当たりばったりの野党は慌てふためいて、文句ばっかです。政権奪取を考えているなら常に選挙態勢を整えているのが普通である。野党時代の自民党はそうでした。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: