ホーム

記事一覧

RSS

「大分―松山」38分、九州・四国新幹線の可能性

 大分県の佐賀関半島と愛媛県の佐田岬半島を結ぶ海峡横断ルートを豊予(ほうよ)海峡ルートと呼ぶ。既存の関西―中国―九州を結ぶルートに続く、新たな国土軸になり得るものだ。昨年度大分市は調査機関に調査を依頼し、概算事業費や経済的な効果を明らかにした。このルートは日本全体の発展に寄与するもので、国のプロジェクトとして推進していただきたいと考えている。

 豊予海峡の距離は約14キロメートル、最大水深は180メートル。昨年度実施した調査ではトンネルと橋の両面から検討を行い、そのルートを鉄道または道路でつなぐ案で検討した。その結果、事業費の面ではトンネル案が優位になった。2車線の高速道路と複線の新幹線を整備した場合の事業費は1兆6500億円と試算された。

 過去の調査では海峡トンネル部分だけで1兆―2兆円かかるとされていた。技術の進歩もあって想定よりコストが下がることが明らかになった。時間短縮効果だが、現在フェリー利用で289分かかる大分―松山間の場合、新幹線が開通すれば38分で結ばれる。また小倉経由の大分―大阪間は、現在234分だが、これが四国経由で136分と大幅な短縮になる。

<以下省略>

※引用元:

「大分―松山」38分、九州・四国新幹線の可能性

http://newswitch.jp/p/10436


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 人口減少社会の中で大きなプロジェクトは不要だという議論になりがちだが、地方都市が連携することにより、大きな効果を生むということを国民の皆さんにも認識してもらう必要がある。
  • 瀬戸大橋、鳴門大橋、しまなみ… 道ができ、橋が架かる度に都市間、地域間の結びつきの形が変わってきてます。 豊予海峡ルートが実現したら、四国と九州の結びつきもまったく変わるやろな。
  • 子供の頃に大阪から和歌山徳島高松松山大分宮崎鹿児島に新幹線引きたいと地図見ながらよく妄想してた。
  • 近くて遠い松山と大分。心理的距離感はぐっと近くなるだろうが、費用対効果は要検証。物流面のメリットも少なそうだし。
  • 38分 南海トラフ、永遠に起きるなよという話だ。本当に本当に、南海トラフ大地震は恐怖でしかない。
  • デフレ対策としてはいいが、その区間だけではだめ。小倉に接続するか瀬戸大橋に新幹線を通して山陽とつなげるかしないと意味がない。そうなると莫大な建設費。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: