ホーム

記事一覧

RSS

<安倍政権>国会無視「沈黙の解散」質疑ゼロなら戦後初


 安倍政権は28日召集予定の臨時国会冒頭での衆院解散を検討している。野党は8月の内閣改造後も森友、加計学園問題などを究明するため臨時国会の開催を要求してきたが、政権は応じてこなかった。このままでは戦後初めて、国会の本格論戦を経ない新内閣による「沈黙の解散」となる。【福永方人、佐藤丈一】

 「国会軽視との指摘は全く当たらない。安倍晋三首相は『帰国後に判断したい』と述べており、これに尽きる」。菅義偉官房長官は20日の記者会見で臨時国会のあり方への言及を避けた。首相は23日の帰国後に政権幹部と協議し、解散の手続きを最終判断する。

 過去の内閣発足や閣僚を入れ替える内閣改造の後は、首相が施政方針や所信表明演説を行い、各党の代表質問に答えてきた。これに対し、「真摯(しんし)な説明」を誓ったはずの首相は、内閣改造後に国会に立っていない。

<以下省略>

※引用元:

国会無視「沈黙の解散」質疑ゼロなら戦後初

https://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-580080.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 毎日新聞:討論無き冒頭解散は明確な憲法違反・傲慢・ルール無視・国会軽視、最早無法な政治。目に余る安倍政権を厳しく監視する正義の為、特別検察官(アメリカ連邦議会の行政評価・行政監視の公平中立の第3者機関で行政監視機関)が必要。
  • 森田実氏「内閣は国会を通じ国民にメッセージを送るのが議会制民主主義の基本。これほど国会を軽視した首相は記憶にない。今なら衆院選で勝てると見込んだのだろう。支持率急落前の傲慢さが戻ってしまった」
  • 史上最低最悪総理大臣と言われるはずだわな。国家権力の私物化が甚だしい。これだから世襲バカボンボンに政治家なんてやらしちゃダメなんだよ。
  • どう考えても今回の争点は国会をここまで愚弄し、私物化する人間をそのまま放置しておいて良いのか?だと思うが。こんなのに票を入れるのは民主主義への挑戦。
  • 過去にも臨時国会冒頭の解散はあるが、どれも自民党と言う。。。 自分達のことしか考えていない集団ってのがよくわかる。 ただ、選挙で自民党の議席に大きなマイナスが出ていないってのが恐ろしい。
  • 目の前の事を報道するのは大事だと思うが、経緯や状況を踏まえる事も大事だと思う。小さな事象ばかり見ていると大きな事象に対処仕切れない。
  • 「共謀罪」法を委員会での採決を省く「中間報告」で成立させた。改造後初の国会で冒頭解散に踏み切れば、再び「奇策」と指摘されるのは間違いない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: