ホーム

記事一覧

RSS

低所得の割合、40歳代世帯は増加傾向 高齢者では減少

 低所得の割合が世帯主が40歳代の世帯では増え、高齢者世帯では減っている――。厚生労働省が2014年度まで20年間の国民生活基礎調査の家計所得を分析したところ、こんな結果が出た。調査内容は近く公表される17年版の厚生労働白書に盛り込まれる。

 調査によると、世帯主が40歳代の世帯では、単独世帯やひとり親世帯の増加で総所得が300万円未満の低所得世帯の割合が増加。一方、高齢者世帯は低所得世帯の割合が減り、中所得世帯の割合が増えていた。

 白書では、日本の所得の再分配機能が、「現役世代に比べ、高齢者世代に手厚い構造になっている」と分析。今後、世代や世帯ごとにきめ細かに再分配政策を考えるとともに、現役世代の所得向上支援や全世代型の社会保障への転換が必要と指摘している。(水戸部六美)

※引用元:

低所得の割合、40歳代世帯は増加傾向 高齢者では減少:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK9P6HT8K9PUTFK01M.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • ↓国民年金の第3号被保険者の維持は難しいとつくづく思う。けど一気に変えることも厳しいよね。40代の未婚の子と年金受給夫婦世帯もあるはずだから。
  • 今はどこも給料安いからな~~給料高い仕事はハイリスクなのばかりだし。みんな安くてもいいからリスクが低い仕事を望んでる。
  • 『失われた20年』の当時の『若者』の『正社員率』ってどの位でした?「失業率」ってどの位でした? そんな事言っても『できた人はできた』の『自己責任論』でそ?
  • 年功序列が崩れ、役職定年制が布かれ、一部の出世コースを歩む人以外は、40歳代が収入のピークとなる。
  • 別に年寄りが全体的に豊かなわけじゃないのに、なんで庶民の間でやりくりせねば、みたいな空気を作ろうとするんだろう。 取るべきとこが他にあるでしょ。
  • 過酷な受験戦争も理不尽な就職氷河期も味わった我われ。そして高齢者になったら法改正で冷遇される予定。
  • 日銀、内閣府の発表はデタラメ。調査会社に金ばら撒くのなら田舎に家借りて自身で調査しろ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: