ホーム

記事一覧

RSS

糖尿病疑い、初めて1千万人超える 高齢化も影響


 国内の糖尿病が強く疑われる成人が推計で1千万人に上ることが、厚生労働省の2016年の国民健康・栄養調査でわかった。調査を始めた1997年の690万人から増え続け、今回初めて大台に達した。厚労省は高齢化が進んだことが影響したとみている。

 調査は昨年11月、20歳以上に実施。血糖の状態を示す血液中の「ヘモグロビンA1c」値の測定結果がある約1万1千人を解析し、全国の20歳以上の全人口にあてはめて推計した。

 ヘモグロビンA1cが6・5%以上で糖尿病が強く疑われる「有病者」は12年の前回調査より50万人増えて1千万人に上った。男性の16・3%、女性の9・3%を占め、男女とも高齢になるほど割合が高い傾向だった。一方、ヘモグロビンA1cが6・0%以上6・5%未満で、糖尿病の可能性が否定できない「予備軍」は1千万人で、前回より100万人減った。

<以下省略>

※引用元:

糖尿病疑い、初めて1千万人超える 高齢化も影響:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK9P5QNXK9PULBJ00K.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • (事実)糖尿病が増加する原因は、食品添加物・遺伝子組み換え食品の増加に伴う低体温症の増加、それに伴う自己免疫疾患の増加、それに伴う内服ステロイド剤の処方の増加と比例。つまり副作用。
  • 現代人の食生活、食習慣が病気を招いている。薬などで対処しても根本解決にはならない。多くのアスリートも食生活には改善の余地があり、改善する事でまだ気付かぬ才能が引き出される可能性あり。
  • 生活習慣病という「考え方」が大切。医療的なサポートがあればなお良いが、生活習慣を改めるとか、よい生活習慣を伸ばすというのは、「医療を頼らなくても」できる。
  • 糖質制限食やスーグラなどの治療薬あるんで、大抵の人は糖尿病からテクニカルに楽に離脱できるはずなんですけど、それが周知徹底されてないのが問題。
  • 近しい人が糖尿病診断されました。空腹時血糖値が200↑HbA1c10↑糖質のドカ食いや清涼飲料水のガブ飲みなんかはガチで危険だと思う。 糖質制限、血糖コントロールは大事だね。
  • 生活習慣が原因ではない「1型糖尿病」の存在を無視して、「糖尿病」と一括りにするのは問題では? 患者さんたちは「1型」の存在自体が知られていないため、誤解に苦しめられています。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: