ホーム

記事一覧

RSS

電通裁判、傍聴した高橋まつりさんの母親「複雑だけど感慨深い」「虚しさもあった」

高橋まつりさんの過労自殺を発端とした電通の違法残業事件で、労働基準法違反の罪に問われた同社の初公判が9月22日、東京簡裁で開かれ、即日結審した。検察は50万円を求刑した。

閉廷後、裁判を傍聴した、まつりさんの母・幸美さんが厚労省記者クラブで会見を開き、「(娘はかえって来ないので)非常に複雑だが、感慨深い心境があった」と内心を語った。

裁判には山本敏博社長が出廷し、幹部3人が過労自殺したまつりさんを含む従業員4人に、違法残業をさせたことを認め、反省とお詫びの言葉を述べた。これに対し、幸美さんは「電通は、娘が入社する前にも(労働環境改善についての)立派な計画を発表していました」「遺族としては、にわかに今日の社長の言葉を信じることはできません」と厳しい表情で語った。

記者から裁判の中で印象的な場面は、と問われた幸美さんは「電通のずさんな労働時間管理や認識の甘さ、おざなりな対応で(まつりさんが)亡くなったと検察が述べてくれたこと。気持ちを代弁してもらえた」と答えた。

<以下省略>

※引用元:

電通裁判、傍聴した高橋まつりさんの母親「複雑だけど感慨深い」「虚しさもあった」

https://www.bengo4.com/c_5/n_6702/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 検察は電通に殺害された被害者の命を50万円と評価したようだ。いつもいつもこの国では命が本当に軽いなぁ。戦中から全く変わっとらんな。
  • この事件をマスゴミが違う事件に仕立てあげたせいで、働きにくい社会になり、生産性も下がりつつあるなぁ。
  • 結論として労働環境を見直すのは当然として、クリエイティブ業の特異性を見出して批判できる人間は少ない。
  • 直近の過労死裁判がワタミ程度の企業だったので世の中は変わらなかった。 今回は電通。労務環境が変わるのか!!!
  • 罰金50万円じゃ、こういう問題は今後も出てくるよ。ブラック労働させた人間が再起不能になるくらいの厳罰にしないと意味ない!
  • 罪の認識はあるがソレを認めたら自我が崩壊してしまうか。 娘さんを精神的に追い詰めて勉強させた。その記憶は消えない。
  • パワハラをしたという上司も罰されるべきだと思うんだが。 あと、電通を含めたブラック企業は潰れて、どうぞ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: