ホーム

記事一覧

RSS

父へ母へ「愛されたかった。さようなら」…虐待被害100人、醜い親への手紙


 児童虐待を受けた100人が、親に宛てた手紙を集めた「日本一醜い親への手紙」(dZERO刊)が10月上旬に出版される。1997年、同じタイトルで10万部を売り上げた本の第2作。親への憎しみや愛されなかった悲しさ、決別の言葉がつづられている。寄稿者の一人は、取材に「虐待で苦しむ人たちに、『一人じゃないよ』って伝えたい」と話す。

※引用元:

父へ母へ「愛されたかった。さようなら」…虐待被害100人、醜い親への手紙 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170919-OYTET50053/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 子は親を選ばれへんからなぁ😭 親の為に生まれてきた訳ちゃうし、共に過ごすべき人は自分が選べるで。 何か選ぶなら何か捨てる覚悟が必要。自分の人生大事にしよう。
  • 家父長制、家族観、全体主義のごった煮歴史をくり返し、2017年。 この声が、この本が、世にでるまでに、これだけの年月がかかった。
  • いつまでも子供ではないことを忘れないで欲しい。自分が親になったらせめて同じ悲しい経験は子供にはさせないこと。 悲しみと苦しみの連鎖はいらない。
  • さよなら私の過去現在未来から出ていってくださいって声なんて届かないから、醜くなるんだろ。 声に出すか出さないかの違いだけ 私は心の中でさようなら。
  • 今は幸せかい? まだ苦しいかい? 人生は長いです。 抜け出す瞬間は必ずくるよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: