ホーム

記事一覧

RSS

おなかの中の赤ちゃんをお手元に 3Dプリンターで再現


 まだおなかの中にいる赤ちゃんをお手元に――。丸紅情報システムズ(MSYS)が10月から、妊婦のおなかの中の赤ちゃんを、3Dプリンターで再現するサービスを始める。産婦人科医と連携し、出産の記念や、家族へのプレゼントにしてもらう狙いだ。

 再現するには、おなかの中の赤ちゃんを超音波で検査する「4Dエコー」の立体的な画像を使う。笑ったり、指をくわえたりする愛らしいしぐさを医師が撮影し、MSYSに提供。同社の最新の3Dプリンターを使って、2~3週間でアクリル系樹脂製の置物が完成する。どんなしぐさを採用するかは、妊婦と医師が相談して決める。

 妊婦の間では、おなかの中の赤ちゃんの立体的な画像を見たいというニーズが多く、検査設備がある遠方の医療機関に出向く人もいる。MSYSの担当者は「赤ちゃんが大きくなったとき、置物を見ながら親子で懐かしんでほしい」と話す。

<以下省略>

※引用元:

おなかの中の赤ちゃんをお手元に 3Dプリンターで再現:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK9Q40XQK9QUTFK00G.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • なるほど、モノクロ写真や動画で見るより分かりやすいね。 おもしろい。
  • 気持ち悪い。。。自己満で済ませた方がほんといいと思う。。
  • 技術がすげえ… けど、親にこれ見せられたら「お、おう」としか言いようがない。
  • 親になる人は嬉しいだろうね。 あと、教育とかで使えそう。
  • 無事に出産終えるまでいらんやろ。グロいだけでは?!
  • ごめんなさい。すげぇ怖いしキモい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: