ホーム

記事一覧

RSS

日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載、10月公開か


かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。

シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。

そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そのお披露目の舞台が、東京モーターショーというわけだ。今回独自に入手した情報をもとに、レスポンスの兄弟サイトSpyder7では、シルビア次期型の予想CGを作成した。

スポーティ&スペシャリティをコンセプトに、直線と曲面を融合させたデザインを特徴とし、日産Vモーショングリルを大型化、スカート部にはカーボンを使用している想定とした。コンセプトカーらしく屋根は大胆な全面グラスルーフとし、フェンダーやフロント吸気口もワイドに迫力感を出した。ヘッドライトは、「S15型」最終モデルからインスピレーションを得た薄くシャープなデザインとしている。

<以下省略>

※引用元:

日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載、10月公開か | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/25/300180.html


管理人の反応

(*´-`*)


ネットの反応

  • な、なんとシルビアがリバイバルブームに参加すると!値段が気になるな…。86あたりとガチンコ勝負だと市場がおもしろいことになるかも!
  • ううーん、なんかゴツい。シルビアはもっと弱そうじゃないと困る。いや、買えないけど。何が困るのかもよくわからないけれど。
  • せっかく優れた技術やかっこいい車作っても若い連中が乗れない高価な車じゃだめよん!めざせ200万以下!価格でもぶっちぎれ日産
  • シルビアっぽさが確り残ってる!!でもこれは完成予想CG、と言うのをよく読んでいかないといけない記事である。
  • フェアレディZの次期モデル発表も噂されているだけに、加えてシルビアの復活が実現すると大きな注目が集まるのでは。
  • いやいやいやいや、まてまてまてまて、これがシルビア(?) 面影なし
  • どうせ、300万円台半ばぐらいの価格なのでしょう? 魅力的だけど、買えない価格。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: