ホーム

記事一覧

RSS

アベノミクス、雇用改善も消費は低迷 遠い物価上昇目標


 安倍晋三首相が25日、衆院の解散・総選挙を表明した。2012年12月の政権発足から約5年。日本銀行の異次元緩和を柱とした「アベノミクス」で円安・株高となった。海外経済の好調もあり、大企業を中心に利益は増え、雇用も改善した。しかし賃金は伸び悩み、節約志向から企業の価格競争は続く。物価上昇率は目標の「2%」から遠い。

 政権発足後、国内総生産(GDP)の実質成長率は13年に上向き、消費増税で大きく落ち込んだ後、再び上向いた。日銀の大規模緩和による円安で輸出企業を中心に企業収益が一気に伸び、堅調な海外経済も後押しして、最近は6四半期(1年半)連続でプラス成長が続く。茂木敏充経済再生相は25日の記者会見で、12年12月からの景気拡大は、「戦後2位の『いざなぎ景気』(4年9カ月)を超える長さとなった可能性が高い」と述べた。

<以下省略>

※引用元:

アベノミクス、雇用改善も消費は低迷 遠い物価上昇目標:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK9T41VJK9TULFA00R.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 賃金の伸びは鈍く、政権の経済界への働きかけもあり4年連続のベースアップが実現したが、今年は過去4年で最も小さい上げ幅で実質賃金指数は低水準が続く。14年の消費増税や社会保障費の負担増を賃上げでカバーできず、家庭は財布のひもを締める。
  • 遠い物価上昇目標」節約志向を受け、大手スーパー等は値下げの動き。日銀は景気は拡大しているとするが、黒田総裁も「賃金、物価が上がりにくいことを前提にした考え方が企業や家計に根強く残っている」・・・賃金は上がらず、年金生活者も多い。
  • 「緩和が円安を呼び、経済が好転した面はある。だが、明治安田生命保険の小玉祐一氏は「たまたま政権発足直前に景気が底を打っていた。幸運に恵まれた部分も大きい」と指摘する」 日銀クラブ所属の同僚3人がまとめた、アベノミクス総括。力作です
  • 消費税を下げ、物価を下げれば、結果として購買量が上がり、その結果物価も上がるのが市場原理だ。結果を政府が人為的に操作しようとすれば経済は破綻する。
  • 低金利の貸し出し促進で「ゾンビが延命の再生不能ならば『不良債権の可能性が肥大化する』状況で海外依存度から連鎖的な噴出へ?」
  • 問題点を指摘するのもメディアの使命…というのはわかるけどね。好調なのは海外経済の波及のせい? なんとかケチのつけられる部分を一所懸命に探してるという感じが。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: