ホーム

記事一覧

RSS

<臨時国会>衆院を解散 「政権選択選挙」へ


 衆院は28日午後の本会議で解散された。政府は解散後の臨時閣議で、衆院選を「10月10日公示-22日投開票」とする日程を決める。安倍晋三首相は選挙戦に際し、消費増税の増収分を幼児教育無償化などに振り向ける使途変更による「全世代型社会保障」や、憲法改正推進などを掲げて臨む。一方、民進党の前原誠司代表は民進党を事実上解党し、小池百合子東京都知事が率いる希望の党への合流を進める。多くの選挙区で、自民と希望が対決する「政権選択選挙」となりそうだ。

 首相は28日午前、首相官邸で記者団に「私たちの責任は政策を訴え結果を出していくことだ。正々堂々と政策を訴えていきたい」と語った。衆院選は2014年12月以来約2年10カ月ぶり。首相は政権を奪還した12年衆院選以降、国政選挙で4連勝しており、5年弱続く政権の継続が問われることになる。

<以下省略>

※引用元:

臨時国会:衆院を解散 「政権選択選挙」へ - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00e/010/230000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • マスゴミがそういう強引な流れを作るという宣言ですな。 報道しない自由、切り貼りとねじ曲げによる虚偽報道。恐らくいろんなことが起きるだろう。 テレビと新聞しかない人はまだまだ多い、
  • この見出しを見るとまるで自民以外に与党を担える政党ができたかのようで、一瞬「はぁ?」と思ったが、ああ、安倍さんが選挙負けたら降りると言ってるからこんな曲解したのか。これのどこが政権選択なのだか。
  • 繰り返しになりますが、国会論戦を一度も経ずに解散というのは戦後初の暴挙です。議会制民主主義の核である国会を無視するような専制的な安倍政権に終止符を打たねばなりません。
  • 理屈っぽい都民はこんなやり方で票が集まるわけないと考えるが、自民党への落胆と女性リーダーへの期待は全国的には大きな勢力になりうる。
  • さっそくマスコミは国民不在の虚構の「構図」を持ち出す。自民党・第2自民党(希望の党)による国会支配を許さず、戦争法廃止、立憲主義かかげ市民と真の野党の共闘の旗をしっかり立てよう
  • 自民と希望が対立すると言ってもどっちも自民党だ。一体何を選択しろと言うのだろう。選挙の争点はモリカケ隠し。それに改憲だ。自民を選んでも希望を選んでも、改憲に賛成した事になる。
  • Yahoo! 国民の信を問う、、位の事、電話・携帯メール・PCアンケートでやりーな、、て声がどーこからも出て来んとはね?、、ハハ呑気だね~


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: