ホーム

記事一覧

RSS

正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大

 企業の正規雇用と非正規雇用の人が2016年に受け取った平均給与の差は315万円で、4年連続で差が広がっていることが国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。人手不足などを背景に賃金水準が上がる中、正規と非正規の格差は拡大している。

 約2万1千カ所の事業所を抽出調査した。平均給与(平均年齢46・0歳)は422万円で、4年連続で上昇したが、正規(役員らを除く)の487万円に対し、非正規は172万円で、315万円の開きがあった。

 正規と非正規を分けて統計を取り始めた12年は、差が300万円だった。その後、4年間で正規の平均給与が19万円上昇したのに、非正規は4万円の上昇にとどまり、差が広がった。

 業種別では「電気・ガス・熱供給・水道業」が769万円で最も高く、「宿泊業、飲食サービス業」が234万円で最も低かった。

※引用元:

正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK9Q4DBPK9QUTIL01N.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 氷河期ロスジェネ層等の場合は単なる「機会不均等」が原因。「機会」の問題を「自己責任」とかね・・責任転嫁のためとはいえ何を奇妙な言いがかりをつけてたのやら。
  • これが安倍の目指す美しい国の現実だよ。金持ちなら安倍に入れなさい。金持ちでもないのに安倍に入れるのは自殺行為。給料減ってもいいの?
  • これで、景気が良くなるわけがないのに、非正規は本人のワガママとか、能力不足とか、どんぐりの背比べで1ミクロン勝ったことを喜ぶ空っぽ頭が多すぎる。
  • /国税庁「民間給与実態統計調査」が社労士試験に直接出題されたことはないものの、労一対策として知っていて損はありません。賃金の男女間格差も出題されたばかりですし…
  • 時給換算で比較しろというブコメはもっともだが、ならば退職金や福利厚生までカウントして時給換算すべきだな。とんでもない格差になるけどなw
  • むしろ正社員とバイトの給料が近づく方がヤバいだろ。正社員の給料が上がってるんならそれはそれで良いのでは?
  • 多様な生活や人生があるから非正規を選択すると、収入に「極めて」大きな差が出るのが実態。若い人はよく考えた方がいい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: