ホーム

記事一覧

RSS

<衆院選>「票のための野合」 自民、希望への批判強める


 衆院選(10月10日公示、22日投開票)へ向け、自民党は30日午前、党本部で全国幹事長会議を開いた。安倍晋三首相(党総裁)は「厳しい、厳しい選挙戦になるが、まなじりを決して、戦い抜いていく決意だ」と結束を呼びかけた。一方、希望の党代表の小池百合子東京都知事は同日夕、大阪市内で日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事、愛知県の大村秀章知事と会談する。維新との選挙区調整や地方分権での3者連携などを発表する見通しだ。

 自民党は、無党派層などへのアピールにたける小池氏に民進党の持つ全国規模の組織力、資金力が加わることに警戒感を強めている。首相はあいさつで、1993年の新党ブーム、2009年の民主党ブームで政権を失った経験に触れ「そこから生まれたものは、まさに混乱と経済の低迷だった」と希望の党をけん制。「北朝鮮の脅威からいかに国民の命と平和な暮らしを守り抜くのか、少子化が進む中、子供たちの、日本の未来をいかに切り開いていくのかを問う大切な選挙戦だ」と強調した。

<以下省略>

※引用元:

衆院選:「票のための野合」 自民、希望への批判強める - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170930/k00/00e/010/296000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 馬鹿安倍が何を言ってる。ちゃんちゃらおかしい。何億という税金を使い、自分の為に衆院を解散したやつが何をほざこうと聞く耳もたない。その馬鹿を養護する自民も腐っている。自分の金で選挙費用だせ!
  • 馬鹿毎日。キボウno党などは、自民と公明の前で消えてなくなる。都議会とは全く違う。元民進の議員は共産主義に近い連中。日本人が選ぶ対象ではない。
  • 高村副総裁の「理念、政策を捨てて票のために云々」は、その通りだと思う。だが、そもそも長きにわたって利権をエサに票田を培養することに勤しんできた政党はどこだろうか?
  • 政権存続のための解散、を強行した自民党が批判できる立場じゃない。自民党自体、具体的政策を示せていないし。批判してる暇があれば、政策の具体化を進めればいい。
  • は国会が怖くて北朝鮮非難決議もできず、消費増税の使途は野党の真似。「もりかけ隠しのための選挙」なんて単なる票の取り合い。→
  • 公約は「アベ政治を許さない!」だけでそれ以外何もない。 万一勝っても民進+希望連合内部の主導権争いで何も進まないのは目に見えてる。
  • 「責任政党」とか「結果」とかいうが、何がうまくいったのか?アベノミクスに始まってコロコロ看板を変えただけではないか。どうのこうの言っても今回は、「モリ・カケ」逃げの私的解散でしかない


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: