ホーム

記事一覧

RSS

<首相>「政策の話、出てこない」民進合流を批判 遊説で


 安倍晋三首相は30日、京都府舞鶴市で演説し、民進党が希望の党への合流を進めていることについて「政策の話は出てこない。党がどうなるのか、自分の選挙がどうなるのかという話ばかりだ」と述べ、批判した。さらに、希望の党を念頭に「1990年代の新党ブームが生み出したのは、政治の混乱と経済の低迷だ」などと強調した。

 臨時国会の冒頭で衆院解散に踏み切った判断に関しては、北朝鮮への対応に触れ「時間がたてば問題が解決をする保証はない。むしろ逆かもしれない」と指摘。緊張が今後さらに高まる可能性が判断の背景にあったと説明した。舞鶴市は政界引退を表明した自民党の谷垣禎一前幹事長の地元。首相は「本格的な全国遊説の最初の場所に舞鶴を選んだのは、私が最も尊敬する谷垣氏の地元だからだ」と訴えた。

<以下省略>

※引用元:

首相:「政策の話、出てこない」民進合流を批判 遊説で - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171001/k00/00m/010/058000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 毎日新聞:正当な理由なき任期途中の解散は厳しく制限すべき!600億円の選挙費用、北朝鮮・森友・加計問題・妻の犯罪から敵前逃亡解散、野党の弱みに付け込む卑怯で姑息・恥解散、相手の誹謗中傷・批判は日本人の品性・武士道に反する。
  • お前が政策の話を放り出して冒頭解散したんだろ。大体お前が信を問うと称して掲げてるアレコレは、別に選挙で問わなくたって全部フツーに議会でできることばかりじゃねーか。原発推進と消費税増税で国民の信を問うと言ってみろよ。
  • まったく。失敗した民進を受け入れた希望からは政策の話しは出て来ない。しゃかりき職業議員の椅子守り。小池は首相になりたがる動き。直前に出る予想。国民無視の自分勝手さ。
  • さて、国会への就職=秋場所です。希望の党の政権の話は期日前投票日の直前に発表されるでしょう。総理はまともに対決してはいけません。ご自身の夢と希望を堅持していてください。「安倍を倒す」だけには展望はありません。
  • 街頭演説の際に、お前の口から森友&加計疑惑に関する説明が出てないみたいだけどwまさか、数多の国民がこれまでのお前の説明で納得したと思っているんじゃないだろうな!?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: