ホーム

記事一覧

RSS

日産、安全管理に際立つ「甘さ」 書類偽装の可能性も


 日産自動車が無資格の従業員に車の検査を担当させていた問題は、約121万台に上る大規模リコール(回収・無償修理)に発展した。日産は安全性に問題はないとの認識だが、書類上は正規の従業員が検査していたように装っていた疑いもあり、全社的な安全管理の甘さが際立っている。

 「日産を信頼して頂いている皆さまにおわびを申し上げたい。背景にある従業員の認識について徹底的に検証し、対策を立てたい」

 2日、横浜市の日産本社で記者会見した西川(さいかわ)広人社長は陳謝。1カ月間をめどに第三者を交えたチームで原因究明に当たる。自身を含めた経営陣の責任のとり方については「調査の後で考える」と明言を避けた。

 問題が起きたのは車をつくる最終段階の「完成検査」。メーカーが国の手続きを代行する形で、自社の基準で認めた検査員に担当させることになっている。しかし日産工場では、正規に認められた検査員を支援する役割にとどまる「補助検査員」も従事していた。

<以下省略>

※引用元:

日産、安全管理に際立つ「甘さ」 書類偽装の可能性も:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKB23DNHKB2ULFA007.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 「単なる名義貸し」という体で現場レベルの手抜きが横行してた…んかねぇ。三菱の燃費偽装もそういう話じゃったが、作業者レベルは確かに根拠法の意識ないかもしれん。。
  • なんというか、内容はさて置き、今や三菱の親会社になったから余計にバツが悪いなぁ… 日産・三菱連合で不正集団みたいなイメージになるとマズい。
  • ←TVでは言わないが国交省の抜き打ち検査でバレた訳で、会社ぐるみで偽装してきた事は明らか。企業内に自浄作用は無いという事。
  • 技術の日産は今は昔。ゴーンが成長要素を摘んで、目先に売れるものだけ残した結果。
  • ゴーン君、数数億円の報酬、返上したら? 安全という最大の社会的責任をコストと天秤にかけて偽装するなんぞ、あってはならないのだ。
  • ★三菱の不正を摘発した日産だったけど、結局は同じ穴の狢だったということかもしれないね...残念。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: