ホーム

記事一覧

RSS

<自公党首>街頭演説、「希望」批判抑制 対決の影響読めず


 安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は2日、東京都北区の赤羽駅前で並んで街頭演説した。両党首は10日公示の衆院選を前に、自公連立政権4年9カ月の「実績」をアピールした半面、小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党への批判は抑制。小池氏との対決姿勢を前面に出すことが選挙戦に有利かどうか、慎重に見極める姿勢がにじんだ。

 安倍、山口両氏がそろって演説するのは9月28日の東京・渋谷に続いて2回目。7月の東京都議選では公明党が都民ファーストの会と選挙協力し、自民党は惨敗した。自公両党は、衆院選では構図が変わったことを有権者に分かってもらおうと懸命になっている。

 首相は「自公連立政権は風雪に耐えてきた。しっかりと政策を議論し、決まったらその方向にしっかりと進んで結果を出してきた」と訴えた。

<以下省略>

※引用元:

自公党首:街頭演説、「希望」批判抑制 対決の影響読めず - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171003/k00/00m/010/108000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • あまり他所様を批判するより、今何が必要か、大切かをダイレクトに訴え、判り易く説明して理解を求める演説を望む。 特に北問題は直ぐ様起こり得る危険と国民は感じてる筈。
  • ぶっちゃけ、安倍総理も真は残っているものの調子こいてましたね!奥さんを放任していたのですから、まず国民に詫びを入れるのがスジかと。 総理だから偉いと思ってる?
  • 自公連立も小池百合子女王さまに踏み絵を踏まされ従属していく方針か? 小池百合子女王さまはどんな踏み絵を用意しているのかな?右派が踏まされる極右の踏み絵!怖~い
  • 筆頭副幹事長に行く先行く先で「しがらみはある」と火消しさせまくってとうとう怒られる。
  • だから、僕が何日か前つぶやいただろ。 批判ばかりしていると、無党派層の票が逃げると。 今頃気が付いたか? 間抜けな安倍と、創価学会め!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: