ホーム

記事一覧

RSS

乳がん治療中の南果歩さんの講演 「責められるべきは本人ではない」


ところで、主催者である日本対がん協会は、南さんが話す内容を事前に把握していなかったという。

同協会広報・がん教育担当マネジャーの本多昭彦さんは、「協会は代替療法などエビデンス(科学的根拠)のない治療法は推奨していなく、そうした立場であることは出演にあたって事前にお伝えしていました」と説明。

それにもかかわらず、南さんは代替療法について詳しく話し、当日の会場で主催者側から、こうした代替療法に科学的根拠はないと注釈が伝えられることもなかったという。

本多さんは、南さんが標準治療の中止や代替療法について話すかどうかは、「シンポジウムの担当者も事前に把握していなかった」としているが、「あくまで主治医との相談の上での個人的な判断によるもので、他人に勧めているものではないことを強調していた。当日会場で聞いていた人にはわかってもらえたと思っているし、人選や話した内容について問題があるとは考えていない」としている。

これに対し、疑問を投げかけるのは、乳がんサバイバーで、患者・家族支援団体代表の桜井なおみさん。「事前に医療の視点で、こういう話はするべきではないということを主催者側が徹底すべきで、講演を聞いた人が影響を受ける可能性やこうしたメディアの報じ方を見ても問題があった」と指摘する。

ただ、本人の選択は責められるべきではないとも釘を刺す。

「精神的にも一番辛い時に治療され、副作用にも苦しんで、一人でとても不安を感じたのではないでしょうか。医師は治す確率を上げるために標準治療を勧めるでしょう。でも、とにかく、患者は『今』が一番辛い。頑張っても、これから自分の命がどうなるかもわからない。彼女のそんな不安に寄り添う人がいなかったのではないでしょうか。そこに代替療法がつけ込んできたとしてすがったとしても無理はないです」

<以下省略>

※引用元:

乳がん治療中の南果歩さんの講演 「責められるべきは本人ではない」

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/minamikahokouen


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • そもそも芸能人をありがたがる方がおかしい。芸能人は単なる職業のひとつ。特別でも何でも無い。 なのに、芸能人が勧めた飲食店などに群がる人達。 まあ自己責任だわ。
  • うーん。冷え性予防や糖質制限といったお金のかからない代替医療まで目くじら立てて「報じるな」というのも違和感ある。糖質制限は大手メディアも大々的に取り上げてるし/乳がん治療中の南果歩さんの講演
  • Yahoo! |標準治療を止める選択を対ガン協会の会合で話すのは余りにも無責任。周りも悪いと思う。病院で自宅で辛い思いをして治療している人の気持ちを乱すだけ。
  • 私は本人にも瑕疵ありだと思う。代替療法を選ぶのは自由だけど、それを公に発信するのは、ご自身の発言の影響力を軽視しすぎ。
  • 「がん細胞が糖質を好む」として「炭水化物を控え」たり、放射線治療の皮膚への影響を抑えるため「エミュー鳥のオイル」を使ったりしていると発言している。
  • 大多数の日本人はあらゆる面で科学的な判断が出来ないことは既にはっきりしている。個人の趣味なら好きにすればよいが、吹聴するのは有害無益。
  • Japan) 治療選択は患者の自由。社会人ならば十分決められる。消費者を何も知らない馬鹿者扱いするのはそろそろ止めたら?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: