ホーム

記事一覧

RSS

<都民ファーストの会>2都議が離党へ 小池氏手法に反発


 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」に所属し、昨年7月の都知事選から小池氏を支援してきた音喜多駿(おときた・しゅん)、上田令子両都議が離党を検討していることが3日、関係者への取材で分かった。国政政党「希望の党」代表に就任した小池氏の政治姿勢などに反発する動きで、5日にも離党届を提出する方向で調整しているという。小池氏に対する造反行動は、衆院選にも影響を与える可能性がある。【円谷美晶】

 関係者によると、両都議は「東京大改革」を掲げて当選した小池氏が国政政党を設立したことや、9月に荒木千陽(ちはる)都議を代表に選出した際、所属議員に諮らずに小池氏を含む執行部3人だけで決定したことなどを問題視。「小池氏の政治姿勢や都民ファーストの会の方向性、運営体制に疑問があり、これ以上は一緒にできない」などと説明しているという。音喜多氏は、荒木氏の代表就任が報告された議員総会でも「自民党よりひどい『ブラックボックス』だ」と異議を唱えるなど反発を見せていた。

<以下省略>

※引用元:

都民ファーストの会:2都議が離党へ 小池氏手法に反発 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171003/k00/00e/010/223000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 見切りが早いのは良いけれど、短期的とはいえ小池氏の腰巾着やって政策や言動への批判に対して無理筋な擁護を繰り返していた記憶と記録(ログ)は消えませんよ、と。
  • おときた、上田両議員の離党は賢明。 間に合わせ議員で票を取った都議会、宙ぶらりんの豊洲・五輪。これらと国政の同時進行はありえない。 小池さん、都政に専念して。
  • 小池流に疑問を呈して行動した音喜多氏を評価する向きもあるが、小池の走狗となって市場移転を混乱させ、石原元知事を吊し上げた責任は消えない。
  • 今まで音喜多さんには良いイメージを持っていなかったが、今回の決断でイメージが変わった!保身の為に主義を曲げて希望の党に移った元民進議員達とは大きく違う!
  • 小池親分とチルドレンじゃあ怒るよね。まあ新党は季節商品だ旬のうち、時期が過ぎれば売れ残る。選挙終われば四分五列 アレ!なんか言葉の収まりが良くね?
  • 今回の選挙は真に国民の判断に委ねられてると思う。選択を誤れば怖いけど、面白くなってきたと思ってしまう。
  • 都政が崩壊しそうな予感がする。府知事中心にまとまっている大阪維新とは比較にならない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: