ホーム

記事一覧

RSS

NHKの31歳女性記者が過労死 長時間労働で労災認定


 日本放送協会(NHK)の記者だった女性(当時31)が2013年7月に心不全で死亡したのは過重労働が原因だったとして、14年に渋谷労働基準監督署(東京)が労災を認定していたことが分かった。NHKが4日、発表した。ピーク時の時間外労働は月150時間を超えていた。

 新入社員が過労自殺した広告大手・電通に続いて、公共放送の職員の過労死も発覚したことで、メディア関連企業の長時間労働の是正を求める声がさらに強まりそうだ。

 遺族は今夏以降、女性の過労死を局内全体に周知して再発防止に生かすようNHKに強く求めてきた。女性が労災認定を受けてから3年余り。NHKはこの間、電通の過労自殺事件をはじめ、過労死問題を手厚く報道してきたが、局内で起きた過労死については、遺族から強い要望を受けるまで職員に広く周知していなかった。

<以下省略>

※引用元:

NHKの31歳女性記者が過労死 長時間労働で労災認定:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKB46CRVKB4ULFA02G.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • こういうの報じるのは良いけど、マスコミ各社は自分たちの状況も合わせて報じないと、「自分たちのこと棚に上げて、人の事だけ言うなよ。」ってなるよね。
  • 私の恩師のお嬢さんも連日夜中に成らないと帰ってこられないでいる、独身の女性を夜中までNHKはこき使っている、信じられんネェー?とボヤいていました。→NHKの31歳女性記者が過労死
  • 遺族が公表を望まなかったとかではなく、過労死を引き起こす職場環境を是正することを自らやってきたかどうかでしょう。改善努力が見えなかったから公表を迫られたのでは?
  • 本人は好きな仕事を気力で頑張ってたんだろう。しかし体は悲鳴を上げていた。最後に心不全ではご本人も気づいてないかもしれない…。
  • 生きてるだけで儲けもん。 心身ともに健康なのが一番です。 もっと社会の在り方が変わることを願います。
  • 身内の過労死を非公表にしておいて、「働き方改革」とよくほざいたものだ。犬HKも他人事を貫きたかったろうが、無理だったのだ。
  • 生きるために働いてるのか、働くために生きてるのか分かんないな。 でも寝る間も無くなると、考える余裕も無くなっちゃうのかな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: