ホーム

記事一覧

RSS

【岩貞るみこの人道車医】「スイッチひとつで自動運転」日産よ、“きっちり説明”は嘘だったのか


日産リーフのTVCMのセリフである。私は、夢のある演出は嫌いではない。逆に「これはCM上の演出です」と、わざわざ画面に入れるのは、そんな及び腰でどうするんだとすら思う。でも、「スイッチひとつで~」は、やはり、アウトだと思わざるをえない。

被害軽減ブレーキが装着されはじめたころ、自動車メーカーは、ユーザーが誤解して過度に期待しないようにと、名称を丁寧に考えたはずだ。あくまでも「運転支援技術」。「被害を軽減するだけであって、事故を起こさないよう完璧に止まるわけではない」からだ。どうか、きちんと使ってくれますように。自動でなんでもかんでもやると誤解して、事故など起こしませんように。おそらく、担当者たちは、祈るような思いでこの技術をリリースしたはずだ。

けれど、日産は違う。最初から派手に「自動」という言葉を使いまくり、消費者にインパクトを与えるという戦略に出たのだ。たしかに、「被害軽減ブレーキ」より「自動ブレーキ」と呼んだほうがわかりやすい。理解されれば販売にもつながる。せっかく世の中に出すのだから、使ってもらってこそという気持ちはわからないでもない。それはそうなのだが、ほとんどの人に免疫のない時期、いきなり「自動」をふりかざすのは、あまりにも乱暴だったと思う。

<以下省略>

※引用元:

【岩貞るみこの人道車医】「スイッチひとつで自動運転」日産よ、“きっちり説明”は嘘だったのか | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/10/05/300700.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 何がなんでもトヨタを抜くことしか頭にないから、途中の些細な部分を(どんなに必要なことであっても)抜かしただけのこと。
  • 言葉の使い方がメーカーごとにまちまちなんだろうか。だとすれば統一する必要がありそう。
  • この記事は素晴らしい 日産は虚偽に近い過大広告により恥の重ね塗りをしている 企業としても車としても一切の魅力を失ってしまったメーカー
  • これは確かにそのとおり。日産よそろそろ広告のしかたを悔い改めたほうがいいんじゃないの。
  • あれ?岩貞さんにしてはずいぶんまともなこと言ってる…っていうか本来こういう人のはずなのに、普段のレビュー記事とかあまりに雑すぎて…|【岩貞るみこの人道車医】「スイッチひとつで自動運転」日産よ、“きっちり説明”は嘘だったのか












関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: