ホーム

記事一覧

RSS

音喜多氏がぶちまけた小池知事批判 「忖度政治を批判していた我々が忖度だらけ」


東京都議の音喜多駿、上田令子両氏が2017年10月5日、会見を開き、地域政党「都民ファーストの会」に離党届を提出したと発表した。

「ブラックボックス」「忖度」「白紙委任」——。両氏はこうした言葉を使いながら、都民ファ執行部の運営方法や、元代表で現特別顧問の小池百合子都知事に対する疑念を次々に明かした。小池氏が結党した「希望の党」に対しても、都民ファと「似ている」部分があるとの見解を示した。

※引用元:

音喜多氏がぶちまけた小池知事批判 「忖度政治を批判していた我々が忖度だらけ」|BIGLOBEニュース

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1005/jc_171005_3023834100.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 公約も規約もないのに政策協定書にサインをするなんて、社会常識的にあり得ない。それにサインしてしまう議員も議員だ。
  • 都民ファーストの問題を指摘したのは良いことだ。が、すぐ会派を出たら、所詮は野党気質。音喜多氏も、大人になって内部から変革する努力をすべき。
  • 忖度の無い世界など無いのだよ。何言っちゃってんの?企業だってオーナー企業はまさにそれ。嫌なら静かに辞める。政治家は文句ばかりなぜ言うの?
  • 「忖度政治を批判していた我々が忖度だらけ」ホント。音さんわかいのに、「偉いわ立派」あなたは立派。代議士選挙に出ろってか? 「そんたく」だわ。落ちるのを期待されてるんだわ。
  • 何を今更。都知事選の経緯から見ても小池が他人や人とのつながりを顧みない自分本位な人だってのはわかりきってた。勝てそうだからそれに乗っかった人が何言ってんの
  • 言っちゃ悪いが、都議選の前から分かってたし都議選の前から言うてた事やん。 今更気付いて離党したとしても罪の重さは変わらんね。
  • 詳細な公約も発表されないうちから、右から左まで、 思想・政策・理念も異なる政治家が200人近く集まっている。 これは選挙目当ての野合としか思えない」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: