ホーム

記事一覧

RSS

「父死去」とうそついて休暇 名古屋刑務所、看守を処分

 父親が亡くなったとうそをつき、休暇を取得するなどしたとして、名古屋刑務所(みよし市)は6日、男性看守(22)を減給1カ月(100分の10)の懲戒処分にし、発表した。看守は「受刑者をうまく指導できず、逃げ出したかった」と休んだ理由を話し、反省しているという。

 同刑務所によると、看守は7月3日朝、上司に「父親が亡くなった」と伝え同月6~12日の1週間、特別休暇を取得。同月19日に無断欠勤したため、看守の母親に電話したところ、父親が健在であることが判明したという。大橋直三所長は「職員の指導を徹底し、失った信頼の回復に努めてまいる所存です」とするコメントを出した。

※引用元:

「父死去」とうそついて休暇 名古屋刑務所、看守を処分:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKB64PXXKB6OIPE016.html


管理人の反応

(;つД`) グスン


ネットの反応

  • 子供が後先考えず欠席したくて「先生、オヤジが死にました」って言うのは、超古典的且つ間抜けの骨頂のような言い訳。それを一社会人がやるかなあ。
  • 囚人の監視とかクソの役にも立たない職歴しかない癖に再就職なんかてまきねえんだから社畜として働けよ、税金ドロボー。
  • 受刑者はこの若い看守よりも殆どが年上だろう。この看守の肩を持つ気は無いが受刑者に舐められていた事は想像出来る。彼は正直に上司に相談するべきだった。
  • 嘘をついた事は良くないが誰か彼の悩みを聞いてやらなかったのか?そう言う職場環境も問題だぞ。
  • 長く休みを取ると出社するのに結構なパワーが必要になるよね。
  • 高校時代の同級生の男の子、高卒で刑務官になったのですが、凄く大変だと。
  • 父親ではすぐにバレるでしょ。うちの会社にいた。年に1回必ず親戚が亡くなる人。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: