ホーム

記事一覧

RSS

レーザー兵器がいよいよ実用化へ? 米空軍、目標は2020年 その理想と現実とは


米空軍が2020年を目標に、レーザー兵器の実用化を目指すことを明らかにしました。未解決の課題はまだあるそうですが、具体的な目途が示されたのは初めてのことであり、いよいよ現実のものとなりそうです。

 アメリカ空軍特殊作戦コマンド司令のマーシャル・ブラッド・ウェッブ中将は2017年9月、予定通りならば2018年にもAC-130J「ゴーストライダー」および同型のAC-130W「スティンガーII」ガンシップ機に対して指向性エネルギー兵器(レーザー)の搭載試験を行い、2020年には「レーザーガンシップ」の実用化を目指す方針であることを明らかにしました。AC-130Jのレーザーガンシップ化はかねてより計画されていましたが、具体的な目途が示されたのは初めてとなります。

※引用元:

レーザー兵器がいよいよ実用化へ? 米空軍、目標は2020年 その理想と現実とは | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/78671


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 命中即爆発とはならず、ターゲットへ継続照射し過熱し焼き切ることで損傷を与えます。固体赤外線レーザーのメリットは「1発あたりほぼ「ただ」」「光速度で伝播するため回避不可能」 「ただ・光の速さ」なのは進化を遂げたら兵器の歴史を変えそう
  • ガンダムでのレーザーはファンネルくらいでガンダムのビーム兵器は違うぞ。
  • 「AC-130J「レーザーガンシップ」は試験の推移と予算の獲得が順調であれば、史上初のレーザー搭載実用航空機となるかもしれません」
  • 女子中学生が超電磁砲を打てるようになるのはいつですか?
  • 金の無駄だからって打ち切ったんじゃないのこれまだ続いてたのか












関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: