ホーム

記事一覧

RSS

無資格検査 日産の社長が「謝罪」をしない理由


 国土交通省の立ち入り検査によって、無資格の従業員に「完成検査」をさせていたことが判明した日産自動車が、38車種116万台のリコールの届け出をした。

 完成検査とは、新車を出荷する前に行う最終チェックのことで、道路運送車両法などに基づき各社が認定した「検査員」が実施するということになっているが、日産では資格をもたない補助員による検査が状態化していた。しかも、新聞各社の報道によると、工場では書類上は実際にはやっていない資格者が検査したように偽装するための印鑑を貸し出すなど、組織ぐるみで法令を無視する気マンマンだったふしもあるという。

 なぜこういうルール破りが正常運転になったのかは気になるところだが、個人的にそれよりも注目しているのが、今回の件で日産がみせたかなり斬新な「マスコミ対応」である。

<以下省略>

※引用元:

無資格検査 日産の社長が「謝罪」をしない理由 (1/5)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/10/news033.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • とにかく社会を裏切ったら真摯に謝るべし、という独特の謝罪文化がある日本では、このような外資系企業的な発想の企業防衛はあまりうまくいったためしがない。一部のマスコミは「消費者の重大な背信」
  • 10年前に日産の車買った時に納車時にカタログに本革シートと記載されていたがサイドとヘッドレストは合皮だった。無理やりシートをはめたのか角がへこんだ状態で納車だった。検品してなかったんだね
  • 危機管理がスゴい!とか以前に、脱法行為をやった会社の社長に「安全安心です!」と言われて納得できるオーナーがいるか?って事に想像が及ばないのが限界って感じ
  • この論説は間違ってはいないと思う。日本企業は自社製品に自信があるなら、安易に頭を下げるべきではない。下げるならば顧客に直接行うべきで、少なくともマスゴミでは無い。
  • これ、今の安倍政権の姿勢に通じる、問題ないと言い続ければ問題なくなる。「道義的責任」という言葉は辞書にない。/
  • 彰かな法定違反を「小さな問題」と考えているのであれば企業として無責任。 この記事は日産擁護?それにしても筆者の勝手な解釈でよくこんなこと書くな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: