ホーム

記事一覧

RSS

あの蓮舫氏は、今... 「無所属」「立憲民主」「希望」三股の応援演説に奔走


   一度は「『希望の党』を全力で応援する」(2017年9月28日、両院議員総会)ことを決めた民進党が、実際は違った戦い方を余儀なくされている。いわゆる「リベラル派」が「希望」側に「排除」された結果、「希望」「立憲民主党」「無所属」の3つに分かれたためだ。

   その象徴ともいえるのが、蓮舫前代表だ。一度は衆院鞍替えを明言していたものの、代表辞任で方針を撤回。今回の衆院選では、「党ではなく、国民がこの候補ならと納得してもらえる人を支援」するとして、各陣営の候補者を挙げて応援する「3足のわらじ」状態になっている。

※引用元:

あの蓮舫氏は、今... 「無所属」「立憲民主」「希望」三股の応援演説に奔走

https://www.j-cast.com/2017/10/10310792.html


管理人の反応

(*´-`*)


ネットの反応

  • 民進党は信用できない。参議院はそのままで衆議院だけが解党。参議院も解党でしょう。こんな事してるから、信用できない政党なんだ。希望の党に媚び諂った奴らは特に信用できない。
  • これほど短期間に政党自体が消滅しそうな危機に陥った原因には、この人の非現実的な政策主張と他者への敬意のない言動が大きく影響していると思う。
  • 少し哀しい気分。別にセンチメンタルになった訳でなく、哀れさがありすぎて。。 日本の野党は連携という野合ではなく協議という合同を目指したほうがいい。無理だけどw
  • 国賊安部の策にはめられて苦労するが正義は必ず勝を信じ真の民主主義を。
  • 結局、参院に籍を置きながら応援めぐりとか、ダメな民進出身者の象徴にしか見えんのだけどな。
  • 希望に排除されたのは「リベラル」ではなく「反日極左」だ。 無所属、立憲民主、希望に分かれたが所詮「元民進党」 共産社民と組んでの反日行為を忘れてないぞ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: