ホーム

記事一覧

RSS

トヨタ、2020年代半ばまでに国内販売車種を半減へ=関係筋


トヨタは20―25年ごろまでに今後の成長が見込みにくいモデルなどを対象に車種を絞り込む。トヨタは現在、商品力向上と原価低減を同時に実現する新たな設計思想「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を基に、複数車種でプラットフォーム(車台)や部品などの共通化・標準化を図る車両開発に取り組んでいる。車種数は「TNGAを進める中で収れんしていく」(関係者)。

トヨタの販売網は現在、高級車を中心に扱うトヨタ店、中級車中心のトヨペット店、大衆車中心のカローラ店、若者向けのネッツ店の4系列からなり、顧客層をすみ分け、系列ごとに取り扱い車種を一定程度分けている。系列ごとの従来からの販売戦略を担う組織に加え、地域色の強い販売戦略を構築する組織を新たに設ける。

<以下省略>

※引用元:

トヨタ、2020年代半ばまでに国内販売車種を半減へ=関係筋

https://jp.reuters.com/article/japan-toyota-halve-models-idJPKBN1CH029


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 自分たちで非正規雇用を増やし、クルマを買えない人を増やし、「国内需要の拡大が見込めない」って当然の話。車種削減を進めれば、多くの下請けも潰れそう。
  • あー、販社を集めた会議で打ち出す予定なのか。じゃあまず確定だな。販管費なんか考えても微細な差異化で隙間埋めようとする商売はメリット薄いと判断したのかもな。
  • ますますクルマがつまらなくなる(笑)でもトヨタが下請け会社の構造改革も見据えながらやってくれるのなら、経営的にはこれは正解だと思う。
  • さて、トヨタも人口減少で国内を見切り、海外や新しい自動運転車やAI/ROBOT分野に衣替えか? 大転換が始まる。 遅れると本当にやばい。
  • 『トヨタ、2020年代半ばまでに国内販売車種を半減へ=関係筋(ロイター)』確かに同じようなクラスに複数のモデルを投入するのもね。選ぶ方からしてみると嬉しいけど、効率は悪い。ハイブリッドとガソリンタイプの1車種2種類制もやめるのかな。
  • 自動車産業の企画→生産→販売のあらゆるプロセスがシンプル化するね。 マーケティングも当然影響を受けるわな。 10年を待たず、おいちゃんも日本じゃなく海外で仕事してそうw
  • 今日の東京市場はこのニュースを好感していない。現在同社株は前日比変わらず。経営高率化には好ましいのに。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: