ホーム

記事一覧

RSS

「保毛尾田保毛男」なぜ使った? 倫理担当と協議せず


 フジテレビ系で放送されたバラエティー番組に登場したかつてのキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」に抗議が相次いだ問題で、フジは16日、公式サイトにおわびを掲載した。性的少数者への理解が進む昨今、テレビ各局でも表現を配慮する指針ができている。フジはなぜ、このキャラを再び使ったのか。

 問題となったのは9月28日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」。保毛尾田保毛男は、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明さん扮するコントのキャラ。1988~97年に定期的に登場した。この日、「あんたホモでしょ?」と聞かれ、「ホモでなくて、あくまでもうわさなの」と答える定番のやりとりがあった。

 ネット上で「差別的な表現」「この時代に無神経すぎる」などと批判が噴出。翌29日、当事者らが連名で「『ホモ』という単語は男性同性愛者に対する蔑称。嘲笑の対象として表現することは性的少数者への差別や偏見を助長する」などとして抗議文を送った。

<以下省略>

※引用元:

「保毛尾田保毛男」なぜ使った? 倫理担当と協議せず:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKBB3VPCKBBUCVL00Q.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 推奨ゎしないし,品のある笑いとゎ言えないけど。。。 そンなこと言い出したら,何もできない( ;´Д`) ある意味でコンプレックスあるから,こんなに反応するんぢゃ?
  • 最近はテレビのバラエティ番組を観る機会は少なくなったけど、これだけ世の中に倫理的影響を与える番組が造れるのだから、テレビの影響力って未だに存在していると感じる…。
  • 『全部制限していったらテレビの魅力がなくなる』テレビの魅力をそんなとこに求めるな。弱者に向けず、強者の驕りを揶揄で笑い飛ばせてこそ。
  • 他局のプロデューサー「全部規制したらテレビが面白くなくなる」差別をネタに笑い取るって考えからいい加減脱却するかテレビ局やめろよ。
  • もっと以前は性的少数者の存在さえタブーだったから、揶揄とはいえそういう人たちの認知には貢献したはず。それをそのまま今に持ってくることはできないし、当時を叩くこともできないと思う。/
  • 「嫌なら見るな」「息苦しい」って言うけど、誰かを貶めて笑いを取るのが真っ当な社会(世界)の在り方だとは思えない。どんなバレエティーであっても。
  • ヤフコメがまたいつの間にか劣化している。多重アカウント凍結でいなくなった層が戻ってきてる感じ。?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: