ホーム

記事一覧

RSS

物々交換アプリ、届いた箱の中はゴミ… トラブル絶えず


 インターネットのサイトやスマートフォンのアプリを介した個人間取引が人気だ。最近は品物と現金のやり取りだけでなく、物々交換の形式も広がっている。うまく使えば不用品をお金や必要な品物に交換できる便利なツールだが、「品物が届かない」「故障品が送られてきた」などとトラブルも絶えない。利用には注意が必要だ。

 今年6月。自宅に届いた箱の中身は、外れくじ3枚などの紙くず。約束ではゲーム機2台が入っているはずだったのに――。大阪市の会社員男性(38)はすぐに電話を掛けた。相手はスマートフォンの物々交換アプリを介してやりとりした北九州市の若い男性だ。しかし着信拒否。そのまま大阪市内の警察署を訪れて詐欺容疑での被害届を出し、受理された。

 だまし取られたのは人気ブランドのリングなどアクセサリー計3点。10~15年前に約18万円で購入したものだ。アプリに出品すると「ニンテンドースイッチ」とソニー「プレイステーション4(PS4)」との交換希望があり、「夏休みに娘たちと遊ぶのにいいかも」と応じることにした。

<以下省略>

※引用元:

物々交換アプリ、届いた箱の中はゴミ… トラブル絶えず:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKBK2HZLKBKPTIL004.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • バカどうしが出会うと事件が起きるという見本。せっかく「貨幣」というモノの価値を客観的に測れる発明があるのに、なぜそれを無視して未開時代に戻るんだ。
  • 申し込みと承諾があれば契約は成立。基本的な法知識を理解させないと。新興IT企業はアプリを乱発して儲からなければ閉鎖。無責任な話だ。
  • アプリ運営会社担当者「場を提供しているだけ。当事者間の問題には関与できない」取材後8月末でサービス終了。アプリ名の報道希望。
  • ま、従来型サイトには不満が皆さん多いと思うのですが、長く続くには運営費も要るのよね。
  • 人としての倫理の問題であるが、根深い現代病なのかもしれない。こういった誰かに害を与える行動は何故なくならないのか。
  • 記者の棒読みっぷりにNHK早朝のリポート感。 C to Cはこういった話がなぁ。間に責任持てるところが噛まないと怖いと思う古い世代の人間です
  • そこらの子供が身分証明も無く簡単に取引出来るシステムじゃそりゃそうなるわ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: