ホーム

記事一覧

RSS

頻繁に昼夜逆転→死亡率高く きついシフトをマウス実験


 長期間にわたって頻繁に昼夜が逆転して体内時計が乱されると、死亡率が高まる傾向にあることを、京都府立医大の研究チームがマウスの実験で明らかにした。人間でもシフト勤務の職場は多いが、シフトの組み方によって体の負担や体内時計の乱れを減らせる可能性があるとしている。国際科学誌に発表した。

 約24時間周期の体内時計が乱れると、睡眠障害など様々な病気のリスクが高まることが知られ、老齢マウスの実験で死亡率が上がることも分かっているが、長期的な影響は不明だった。

 八木田和弘教授(環境生理学)らのチームは、明暗の切り替えのタイミングを変えて、明るい時間帯を7日ごとに8時間ずつ後ろにずらしていく「ゆるいシフト」と4日ごとに8時間ずつ前倒しする「きついシフト」の二つの環境下でマウスを育てた。1年9カ月の長期間にわたり行動リズムの変化などを調べた。

<以下省略>

※引用元:

頻繁に昼夜逆転→死亡率高く きついシフトをマウス実験:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKBK5S15KBKPLBJ002.html


管理人の反応

(;´Д`) グスン


ネットの反応

  • 夜勤はほんまにしんどい。自分の事を考えるなら夜勤のない部署への配置転換、または転職も視野に入れるべき。若いうちは良い。歳とってからが辛いしその頃は動けない。
  • 頻繁に風邪ひくのも4勤2休の影響なら、「お前は体調管理できてない」とか言われる筋合いはないな。しかも交替勤務初日も含めて全部12時間労働だし、キツイわ。
  • 少し前まで私の事務所も遅くまで仕事をしていました。それが業界の当たり前だと思っていた。ここ1~2年で社長が体制を変えて、今は余程のことがない限り定時に。
  • 私も飲食店時代は土日は朝から日付変わる直前まで店に缶詰め、次の日は夕方からラストまでという、むちゃくちゃなシフトだった。
  • 残業も終えたので帰ります。お疲れさまでした。命を縮めているような感覚はありますが、今のような生活はあと1年くらい(の予定)なので平気です、たぶん。
  • 「働き方改革」などと耳障りは良いが、中身は労働環境悪化。 安倍詐欺政権に騙されるな。生活を守ろう
  • 警察とかこれやってなかったっけ。是非そのまま突っ走っていただきたい。 それよか去年まで入ってた現場もやってたけどあの会社どうすんのか


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: