ホーム

記事一覧

RSS

<衆院選>LGBT公約、本気度は 各党も無視できず


 今回の衆院選では、大半の政党が性的少数者(LGBTなど)に関連した施策を公約に掲げている。性的少数者の比率は日本人の8%とも言われる。LGBTという言葉が急速に浸透し、当事者も声を上げるようになる中、各党も無視できなくなった。

 公示日の10日。希望の党の小池百合子代表は動画配信サイト「ニコニコ動画」で午前0時に配信された約6分間の「ネット第一声」で「障害がある方もLGBTの方もみんな輝く日本にしていきましょう」と呼びかけた。

 「LGBTが公約に掲げられるなんて想像できなかった」。長崎市に住む儀間由里香さん(28)は驚く。

 中学2年のとき、女性の友人を好きになった。だが同じ頃、バイセクシュアルの友人がいじめられるのを目の当たりにしており、同じ目に遭うのが怖くて黙っていた。自分に自信が持てなくなり、自傷行為に走った。

<以下省略>

※引用元:

衆院選:LGBT公約、本気度は 各党も無視できず - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171018/k00/00m/010/180000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 心身障害も含め個人差を否定し衣食住~経済学問等あらゆる分野に「五体満足/普通の性差」を基準として構築してきた社会をどうするかを語らないなら具体的政策といえないのでは?
  • はぁ?公約に取り込むとか馬鹿げてる。法に頼らなきゃいけないほど弱者じゃねえっての!!!俺らの前に待機児童問題とか少子高齢化問題とかもっと力を注ぐべき事案があるだろ!
  • 公約にLGBT施策が入るのは、昨年の参院選から当たり前になった。とても嬉しい。次はまさに本気度を知りたい。どんな実効性が担保されるのか。じっくり見て聴いて考えたい。
  • この人達はいったい何がしたいのだろう。性癖なんて人に押し付けたりすることではない。ロブ・ハルフォード、エルトン・ジョンなどゲイを公表している有名人も声高に主張したりはしていない。
  • どの党も具体例がなさ過ぎてどうでもいい。 最終的にどうしたいんだろう。法整備って?同性の結婚認めてくれるの?
  • 今年に入り、LGBT採用を推進しているが、まだまだ理解しない企業が多い。これで少しは検討するかな?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: