ホーム

記事一覧

RSS

維新公認の長谷川豊元アナまた炎上 「道交法違反で警察から呼び出し」を直撃すると… 激闘10・22衆院選


 衆院選千葉1区から日本維新の会の公認として選挙戦に臨んでいるのが元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(42)だ。テレビ番組の司会で人気となった一方、「舌禍」でも知られる長谷川氏だが、今度は選挙期間中にもかかわらず「道路交通法違反で警察から呼び出しを受けた」として炎上している。長谷川氏を直撃すると、色をなして-。

希望の党

10・22衆院選

 騒動のきっかけは、千葉県警の掲示板に掲げられた公示に、道交法に関する聴取の対象者として長谷川氏の氏名と住所が記載された画像がツイッター上で拡散されたことだった。千葉県警で実物を確認すると、確かに長谷川氏の名前と選挙管理委員会に届け出た住所と一致しているが、長谷川氏は「事実無根」と反論している。

 JR稲毛海岸駅前に立つ長谷川氏に事情を尋ねると、「1、2カ月前に京葉道を走行中、60キロ規制区間であることを知らずに92キロで走ってしまい、覆面パトカーに止められたのですが、ほかの車はもっと速い速度で通り過ぎていく。僕だけ捕まるのはおかしいので『こちらの言い分を聞かせたい』といって設けられた聴聞会だったんです」と釈明、「呼び出しじゃないです!」と強い調子で否定した。

<以下省略>

※引用元:

【激闘10・22衆院選】維新公認の長谷川豊元アナまた炎上 「道交法違反で警察から呼び出し」を直撃すると…

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171018/soc1710180007-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • ニューヨーク滞在関連費用の不正使用する様な人間が真っ当な政治家になれる訳ないやろ!ってる思ってしまう。
  • やはり知名度頼りの候補者選定するとロクな事無いですね。投票も同じ。 確り候補者の過去からの主張と為人を見て、ですね。
  • 激闘10・22衆院選(夕刊フジ) こういう人間を公認する維新て何考えてんの? たった一言と考えてるかもしれないがその重さをわからない政党に未来は無い。
  • アナウンサーで顔を売ったところで、当選するほど世の中は甘くない。政治家の適性も含め反省するがよい!
  • この人は落選して下さい。 滝川クリステルへのCS生放送での電波を用いたパワハラ&セクハラは未だに許せません。
  • 激闘10・22衆院選(夕刊フジ) コイツ頭おかしい。 子供並の言い訳。 速度超過は事実。 国会議員なんかにしたら税金のムダ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: