ホーム

記事一覧

RSS

公約「本当にできるの」 高校生が各党の政策から見つけた争点と感じた疑問


長崎の、「赤い背中」の写真で知られる被爆者、谷口稜曄氏が亡くなった。当時は16歳の郵便局員、自転車で配達中に背中一面に熱線を浴びた谷口さんは、定年まで郵便局を務め上げた後、写真が自分であることを公表、原爆の語り部として長崎県内を中心に学校などで自分の背中に刻印された原爆の地獄を語り続け、核兵器禁止条約の締結を求めてニューヨークも何度も国連本部を訪ねるなど、精力的に活動された。

もう12年前のことだが、終戦60年記念で作られた谷口さんが主人公のNHKスペシャルの終盤で、当時はまだ金正日体制だった北朝鮮の核開発がニュースになる。谷口さんは「アメリカがあれだけ核を持っているのに、小国だから持つな、というのでは通じない」と吐き捨てるように呟いていた。

原爆の苦しみをもっとも味わされた1人であり、戦後は「核抑止力」の名の下に敵が持つなら自国も、という核競争の時代も目撃して来た者だからこそ言えた、この根本的な道理が、どうしたことか唯一の戦争核被爆国のはずの日本では理解されないままに、北朝鮮はついに水爆を搭載したミサイルでアメリカ本土も攻撃できる能力まで持とうとしている。ロシアの下院議員が北の高官から聞いたところによれば射程9,000Km(カリフォルニア北部まで)はすでに可能で、今は12,000Km(ワシントンDCまで到達する)に伸ばそうとしているというのだ。

<以下省略>

※引用元:

「国難」?総選挙の「争点」? 北朝鮮の核とミサイルの「脅威」、そのプロパガンダと裏の現実 by 藤原敏史・監督

http://www.france10.tv/international/6251/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 情報不足のままの模擬投票に意味を感じません。少なくとも、選挙演説を聴く必要があったと思います。誰かの自己満足で終わったのではないか。
  • 今の若い子は大人が思うよりずっとしっかり考えてる。未来は明るい。その未来に少しでもいいものを残してあげられるようにしたい。今回の選挙は本当に大事だ|公約「本当にできるの」
  • 政策以前に 高校時点で選挙に行くのが面倒…ってなんて言う時点で長期政権に染められてる 大事な事には手間をかけろ。 面倒がるな。手間を惜しむな。それだけ。
  • さすが高校生。 安倍くんはこのニュース見た方が絶対いい。 私は当選して公約を果たせなかったら罰則規定もうけたらいいと思う。
  • 大人ほどこういうことを深く考えないでその場の勢いだったり知名度で投票する。高校でこういうことをしっかりやることは大事。
  • 高校生が各党の政策から見つけた争点と感じた疑問(高校生新聞オンライン) 先生は「選挙無しで国の仕組みを変えようとしたら、戦争になる」と明治維新を例に挙げて説明した。「選挙は、平和を守る仕組み」であると。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: