ホーム

記事一覧

RSS

観光庁の出国税「財源確保としては疑問」×「予算整理や法の整備を」


 観光庁が、日本から出国する人に課す「出国税」を検討している。平成32年までに訪日外国人客を4000万人に増やす政府目標の達成に向け、訪日客の受け入れ態勢整備などに充てる新たな財源の確保が狙いだ。9月から複数回の有識者会議を経て、今秋に議論をまとめる。だが、旅行業界からは訪日客の増加に水を差すとの懸念の声も上がる。出国税は必要なのか。日本旅行業協会の志村格理事長と日本観光ホスピタリティ教育学会の鈴木勝会長に聞いた。

(経済本部 西村利也)

志村格氏 財源確保としては疑問

 --新たな観光財源の確保に向け、出国税の導入は必要か

 「出国税が唯一の財源確保の手段になるのか疑問だ。国土交通省や農林水産省、経済産業省関連にも観光関連予算はある。政府全体で既存の財源から観光施策のための財源を捻出することはできるだろう。出入国に関して税を徴収するのであれば、新規の施策を考える必要があるのではないか。既存の政策の延長で財源が足りないという理由で新規財源を作るのは、国民の納得を得られない」

<以下省略>

※引用元:

【ニッポンの議論】観光庁の出国税「財源確保としては疑問」×「予算整理や法の整備を」

http://www.sankei.com/premium/news/171022/prm1710220006-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • カジノがあるマカオやシンガポールは飛行機代を安くして、現地でお金を使わせている。IRが展開された場合も考慮した長期的な戦略が必要だ(産経新聞)
  • 中韓からの入国は、入国税を現金で200万円一括にすべきだ。 警備員費用に。 高級ホテルは利用させないで。うるさいから。
  • ESTA方式にした方がめんどくさいだろ… 大体観光に来る人間が高々1000円程度(しかも現実的に考えれば航空券購入時の空港利用料とかと一緒に徴収するスタイルになる)で「じゃあ行きません」ってなるわけないだろ
  • 不法滞在が増えている現状では出国税ではなく入国税が妥当。また米国のESTAを導入すべき。また国の財源として考えるのではなく国の保安の視点から検討すべき
  • ESTAなら良いと思うけど、税金として考えるのは頭おかしいとしか思えん。誰も来なくなるで。

















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: