ホーム

記事一覧

RSS

小泉進次郎氏「安倍批判」もサラリ、聴衆の心をつかむコツ&自民大勝に貢献も高揚感ゼロのワケ


 衆院選で自民党の「選挙の顔」として全国遊説に奔走した小泉進次郎筆頭副幹事長(36)は党の圧勝に貢献した。希望の党の代表を務める小池百合子東京都知事(65)の衆院議員時代の地盤であり、小池氏最側近の若狭勝氏(60)が出馬した東京10区に何度も入り、小池氏批判を繰り返した効果は大きい。結果的に若狭氏は比例復活もかなわず落選し、希望の党は空中分解の危機にひんしている。だが、当の小泉氏の表情はいまいちさえない。単なる照れ隠しなのか。そのワケとは-。

 「人は本当によく集まってくれた。でも(圧勝の)手応えはない。選挙結果と乖離がある」。衆院選から一夜明けた23日午後、党本部で全国遊説に関わった党職員をねぎらいに回った小泉氏は、選挙結果についてこう述べた。記者は若狭氏の落選を「小泉さんの功績ですね」と水を向けたが、「ものは取りようだから」とそっけない。

<以下省略>

※引用元:

進次郎氏「安倍批判」もサラリ、聴衆の心をつかむコツ&自民大勝に貢献も高揚感ゼロのワケ

http://www.sankei.com/premium/news/171027/prm1710270009-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 国籍条項を撤廃し、在日の司法試験も緩和して、シナコリ公務員や在日弁護士を蔓延させた売国奴、小泉純一郎の息子で、さらにコリア製肥料を輸入して国土を壊滅させようとしているってことが、だんだん有権者に判ってきたんじゃないの。
  • 進次郎氏が安倍政権に距離を取っている事が不満に思っている人もいるだろうけど、僕はこれで良いと思う。 進次郎氏が総理を目指す段階で、流石に安倍総理は引退している。 進次郎氏が意識するべきは、その時に同世代で圧倒的No.1になっている事
  • 進次郎と河野太郎の存在感ほんと今の自民には不可欠だよね。 勘違いした右翼が偉そうにする自民党をまともな人が支持するには、彼らがおらんと。
  • 自民党に緩みがあってはならない。安定多数かもしれないが冷静に見れば改選前と同じ結果。決して「圧勝」などではない。小泉氏は分かっているのだろう
  • 話したことあるけど、言葉の選び方含め本当に上手い。最大の問題は「自分の演説を『小泉さんが到着するまでの時間稼ぎ』と言い放つ」人の存在(´Д`;)
  • 小泉進次郎みたいな表面的な人気だけで存在するタレント型政治家は崩れる時はあっという間。是々非々かな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: