ホーム

記事一覧

RSS

「沖縄2紙は中国の脅威伝えない」百田尚樹氏が名護で講演


 沖縄県の地元紙「琉球新報」「沖縄タイムス」の報道姿勢を糾弾してきた作家の百田尚樹氏(61)が27日夜、同県名護市の数久田(すくた)体育館で「共に考える『沖縄の、日本の未来』。」と題して講演し、2紙について「沖縄に迫る脅威や真実を伝えていない」などと縦横無尽に批判した。講演直後には、会場で「差別発言だ」などと意味不明な言いがかりをつける沖縄タイムス記者を論破する場面もあった。(那覇支局長 高木桂一)

 講演で百田氏は「中国は尖閣諸島を取りに来ている上、沖縄も自分のものにしようとしている」と指摘。中国公船が尖閣諸島(石垣市)周辺に連日のように来ていることを例に挙げ、「漁船などの緊急避難で島に上陸するのが最も確率の高いシナリオ。中国軍が自国民を助ける目的で尖閣に上陸する」と分析した。

<以下省略>

※引用元:

「沖縄2紙は中国の脅威伝えない」百田尚樹氏が名護で講演 言い掛かりつける沖タイ記者と“場外バトル”も

http://www.sankei.com/life/news/171029/lif1710290010-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 沖縄2紙の報道の在り方を見ていると、何処かの政党とダブって見えるのは私だけでしょうか? 他人の揚げ足取りに勤しむあまり、自身への指摘は返すことが出来ないなんて、もうその物ですよね??
  • 憲法改正しなくても個別的自衛権で十分対応できるのでは?もっと難しい理論があるのかね?
  • 反日売国企業メディアを駆逐するのは我々国民の役割。今我々には対抗する手段がある!
  • 沖縄2紙、琉球とタイムスは連日の尖閣侵攻は無視して、 在日米軍基地ばかり批判してますからね。 辺野古移設が終われば、本土がある程度返還されることを無視してね。 この2紙は中国に魂を売った広報と言うべきでし…
  • 会場に詰めかけた600人超の参加者から、真実を報じない沖縄2紙に対し「不買運動すればいい」「みんなで新しい新聞を作ろう」等という“2紙不要論”が上がった。
  • 沖縄タイムズにとって本質をつかれて都合悪そうだ。記事にすると支那様に顔向け出来ないので差別を盾に必死こいてる。
  • 御用煽動家100田、日当いくらもらっているのか。 中国より日米が脅威の沖縄に火を付けに行ったものの、さぞ反発されたことだろう。産経の記事ではわからないが。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: