ホーム

記事一覧

RSS

若狭氏“小池代表のお友達人事”認める


 若狭勝元衆院議員(60)が29日、希望の党代表の小池百合子東京都知事(65)が“お友達人事”で比例代表の順位付けを行っていたことを認めた。同日のフジテレビ番組で、小池氏が防衛相時代の部下だった井上一徳氏(55)が比例近畿ブロック単独2位だったことについて「防衛知識があるとの理由で2位にしたのだろう」と指摘。「優遇であることは優遇だと思う」と断言した。

 小池氏は選挙中、安倍晋三首相(63)の森友・加計問題における「お友達優遇」を厳しく批判。自民党の「しがらみ政治」打破を声高に叫んでいた。その主張と裏腹に、小池氏自身が選挙戦で「お友達」を優遇していたことになる。側近の若狭氏が優遇を認めたことで、さらに小池氏の責任を問う声が出そうだ。

 希望の党の近畿ブロックは、1位が小選挙区には出馬しなかった樽床伸二代表代行(58)で、2位は京都5区との重複で井上氏1人が記載。3位は井上氏以外の小選挙区重複立候補者20人が連なり、その不自然さが際立っていた。

<以下省略>

※引用元:

若狭氏“小池代表のお友達人事”認める

http://www.hochi.co.jp/topics/20171029-OHT1T50236.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 政治的に敵であると認識することと、相手を憎み断罪するということは、まったく別の話だ。外交の世界では、国家間の利害が敵対しているときにこそ、外交交渉に従事する外交官の人間的信頼関係が重要になる。 佐藤優の名言
  • 反日売国・マスゴミは、手のひら返しで希望・小池を叩く。革マル派・極左・枝野は持ち上げる。マスゴミのお友達だから?
  • これから始まる政治活動の結果を見て、良かったかどうか判断すべきなのに、なんで仲間同士で今キャンキャン言ってるのかね。
  • 森友・加計の「お友達優遇」を批判していたのは立憲民主党も同じだったが、盟友のセクハラ問題の某氏を公認した代表の枝野氏の責任は無視なの?
  • 負けた後っていうか、今、こうやって、べらべら喋るから落ちたと思わないのかな?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: