ホーム

記事一覧

RSS

三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は事務作業の効率化を進め、2020年度までに4000人に相当する業務量を減らし、浮いた人員の半分程度を、資産運用の相談業務など成長分野に充てる方向で検討していることが分かった。

※引用元:

三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171030-OYT1T50038.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 要は事務方をリテールに配置転換する話。リーマン後の証券会社で前例あり。 年輩の行員に投信や保険販売させると。
  • 人が減るんだったら銀行が儲けを出す必要あるのか? それって人の暮らしの為になるのか? プラマイゼロの設けなしの経営させるべきじゃないのか?
  • メーカーはオールドエコノミーと骨とう品扱いされ、銀行関係ですら使い捨てにせざるを得ない状況。これでも好況なんですかね?
  • 新規採用抑制だって! おめでとう 自民党支持する東大生の皆さん! どれだけ新規採用が減らされるんかな?
  • 事務のオジさんの再活用は能力的に不可能だから若手の配属を無くしてそっちに振り向けるのかな 「業務の見直しで事務作業が減る分、店舗では資産運用などの相談ビジネスを業務の中核に据える。」
  • “店舗では資産運用などの相談ビジネスを業務の中核に据える。” …っていう方針自体はもう何年か前から既にやってなかったっけ? テレビCMだけ??


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: