ホーム

記事一覧

RSS

日本版海兵隊、2020年代前半に沖縄へ 米部隊移転後


 陸上自衛隊に離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(日本版海兵隊)が来年3月、新設される。防衛省はこの部隊を当初、長崎県の相浦(あいのうら)駐屯地をはじめ九州に置くが、2020年代の前半には沖縄県の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンにも配置する方針を固め、米側と調整に入った。在日米軍再編に伴って沖縄に駐留する米海兵隊の一部が米領グアムに移転した後を想定しているという。

 複数の政府関係者が明らかにした。尖閣諸島に近い沖縄に置くことで、中国への抑止効果とともに、九州の南端以西の南西諸島で何か起きた際の展開を早める狙いがあるという。一方、沖縄にとっては、海兵隊の移転後に自衛隊が駐留することになり、「本当の基地負担の軽減につながらない」といった反発も予想される。

 陸自が来年3月末に発足させる水陸機動団は約2100人。相浦駐屯地には、司令部のほか普通科(歩兵)を中心とする2個の水陸機動連隊を置くことが決まっている。

<以下省略>

※引用元:

日本版海兵隊、2020年代前半に沖縄へ 米部隊移転後:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKBW53J7KBWUTIL034.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 飛行場も強襲揚陸艦が接岸可能な埠頭も出来るし、直近では実射可能な演習場にジャングル戦訓練センターまであるので、水陸機動団隷下連隊をローテーションすんじゃない。
  • 日米調整、米軍基地を共同使用 2020年代前半、米部隊移転後:朝日新聞デジタル:安倍首相は北朝鮮を脅威の口実にして、日本を軍事国家に変える魂胆を着々と進めている、恐怖感を感じる動き。
  • 米軍はイラクの時脅威を捏造して国連を無視した。自衛隊を国連軍にして日本も安保理拒否権もつべき。外国軍基地解消と国連軍設置を憲法9条に加えるべき。
  • 多様な価値観を受容する米国の軍国教育と戦前戦後を通して何も変わらない精神性を保つ日本人の軍国教育。
  • 【米軍と自衛隊の共同利用による沖縄の軍事的占拠は、沖縄の民主主義、反基地運動、独自経済を破壊する。日本は戦争輸出国に。
  • 一昨年に琉球新報が「辺野古に陸自常駐 恒常的に共同使用 防衛省文書で判明」と報じて以来のスクープ。米軍再編という名の新しい基地負担は沖縄へ、米軍隷下の自衛隊が担う。
  • 離島が侵攻された際、」・・最初から妄想全開過ぎて笑える。中国の脅威があああ、尖閣がああああ、で吹き上がられましてもね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: