ホーム

記事一覧

RSS

ヤマト、数百社と契約終了 荷物量は4千万個少なく

 宅配便最大手のヤマトホールディングス(HD)は31日、2017年9月中間決算会見で、9月末を目標に進めた法人顧客との運賃値上げ交渉の結果、数百社との契約を終えると明らかにした。17年度に運ぶ荷物量は、16年度より4100万個少ない18億2600万個に減る見通しという。

 ヤマトではネット通販の急増を受け、ドライバーらの違法な長時間労働が常態化。荷物量削減を狙って法人顧客約1100社と値上げ交渉を進め、9割の企業と交渉を終えた。このうち、「値上げを受け入れていただいた企業は半数以上だが、8割とかまではいかない」(芝崎健一専務)といい、数百社は契約更改の際に契約終了となる。

 その結果、17年度の荷物量については目標の18億3100万個よりさらに500万個多く減らせそうだという。また、10月からは個人向けの基本運賃を平均15%程度値上げしており、法人分とあわせ、宅配便の単価は16年度より31円高い590円に上がる見込みだ。

<以下省略>

※引用元:

ヤマト、数百社と契約終了 荷物量は4千万個少なく:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKB04H13KB0ULFA01J.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • ヤマトのドライバー個人の努力に頼ってたビジネスモデルが崩壊。中小の配送業者に流れるのだろうが、安値でどこまで続けることができるか?
  • 楽天がヤマトを使わなくなったので毎月買っている雑誌を別の処から買う羽目に。郵便だと早く来すぎるからヤマト使ってくれる方が融通聞くのよね。
  • 私たちは、インフラ整備についてもっと真剣に考えるべきだ。 利用者が少ないから作らないでは前に進まない。
  • いやーまー当然だろうね。利益の取れない商売する意味ないもん、営利企業なんだから。取引先との共存を考えられない奴は客とは呼ばないんよ。
  • クロネコさんの影響力は色んな意味で大きいと思う。横暴なクライアントに対してNo!と言える国にならないとね。
  • 宅急便は今年度、前年同月比で103.4→107.3→104.6→103.2→102.6→100.4%(9月)と減少傾向。でも、前年比増なんよね。半年でそんなに減る?
  • e+のチケット配送はヤマトから佐川へ変更。変更に伴い、送料・手数料負担も大幅アップ。トホホ。。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: