ホーム

記事一覧

RSS

フジ政治ドラマで「しんぞう」議員が「腹痛」動作で当選辞退 「こういう揶揄は止めた方が良い」


フジテレビ系でスタートしたドラマの内容がある実在の政治家を連想させるとして、ネット上で波紋が広がっている。

このドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」は、衆院選投開票の翌日となる2017年10月23日に始まった。

実在政治家を連想させるような人物が次々

これは、フジテレビが衆院選を控えていることに配慮し、放送を1週間延期したためだ。実際に放送されると、ネット上で、登場人物を巡って論議になった。

ドラマは、女優の篠原涼子さん(44)扮するある主婦が高額報酬で家族を幸せにしようと市議選に立候補し、その後世の中を変えようと目覚めていくというストーリーだ。

プロ野球中継延長のため、初回は、30分繰り下げて23日月曜日の21時30分から始まった。トランプ米大統領がメキシコ国境に壁を作ると訴えた演説のシーンから始まり、国会で「保育園落ちた 日本死ね」が取り上げられたことや、衆院解散総選挙、豊洲市場移転問題など現実政治シーンが次々に登場する。そして、「今の世の中、突拍子もないことが起きる」と紹介された。

<以下省略>

※引用元:

フジ政治ドラマで「しんぞう」議員が「腹痛」動作で当選辞退 「こういう揶揄は止めた方が良い」|ニフティニュース

https://news.nifty.com/article/entame/etc/12144-312566/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 数字がすべてじゃないにしても、前クールのドラマとの視聴率の差がいろいろ物語ってるね。しかし、どの層を狙ってこういうの差し込むんだろうか。若い層を狙ってるとしたら、まるで的外れなセンスじゃ?
  • 韓国系のテレビ局ならではの発想。かつては安藤とかゆう不倫キャスターを抱えていたくらいだからね。見る番組は無いね。→
  • 久々にフジらしさが戻ってきた?保毛尾田保毛男といい、文句垂れてる方が少数派だと思うよ。
  • 見てないから何とも言えないけど、人には努力ではどうにもならないことがあって、それを馬鹿にするのは人間として最低のことだからやめた方が良いと。
  • なにかな?ナンカの特権階級と思っている節がある。ドラマの質の前に此の企画が通って放送出来るってのが凄い。
  • TV局の上層部は現政権にかなり忖度した報道をしているんだから、ドラマ位思い通りに作ればいいと思う。
  • 「作品の中で実在する政治家を良くも悪くもイメージするのは、よくあること」などと理解を示す声もあった■実在するTV局を揶揄しても良いよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: