ホーム

記事一覧

RSS

日本の男女格差114位に下落 「政治」123位に後退


 男女格差(ジェンダーギャップ)の大きさを国別に順位付けした「世界経済フォーラム」の報告書が2日付で公表され、日本は144カ国中114位と、前年より三つ順位を下げた。主要7カ国(G7)では今年も最下位だった。

 経済、政治、教育、健康の4分野14項目で、男女平等の度合いを指数化し、順位を決める。

 日本がひときわ出遅れているのが、政治分野での男女平等だ。123位で、前年の103位から後退した。女性国会議員の割合▽女性閣僚の割合▽過去50年間の女性国家元首の在任年数の3項目で評価する。

 女性議員は1日現在、衆院で47人(10・1%)、参院で50人(20・7%)。地方議会も昨年末時点で12・6%にとどまる。先月の衆院選では、女性候補者の割合は17・7%と過去最高だったが、当選者は前回から2人増えただけ。朝日新聞の調べでは、女性が参政権を得て初めての衆院選(1946年4月)から、選挙区で女性議員が1人も誕生していない県は青森、富山、山口、香川、高知、佐賀、大分、鹿児島の8県ある。

<以下省略>

※引用元:

日本の男女格差114位に下落 「政治」123位に後退:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKC15VTCKC1UTIL03R.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 医者の話、まじめに勉強する女性が多いから優秀な女医が結構いるけど、病院が女性ばっかになると困るから一定数しか採用しないっつー話をきいたばかり。納得の順位
  • ことは単純で、能力よりもコネや金の方が評価される社会だと、偏見や差別がそのまま社会構造に反映されるということ。能力の軽視は日本低迷の原因でもある。
  • 「すべての女性が輝く社会づくり本部」まで作った結果がコレ。無能。ペテン師。 どうせまだ「ミチナカバ」なんでしょ。はいはい。
  • 女性議員が増えない背景には、選挙制度や政党の姿勢に加え、候補者を選ぶ政党の地方組織や地域社会が「男性中心」ということもある。
  • 『海外では、候補者や議席の一定割合を女性に割り当てるクオータ制を導入する国もあり、女性議員が増加。カナダやフランス、ノルウェーなどは内閣が男女半々だ』
  • これでもまだ日本はマシ、と言えるのかと。この評価には政治の部分でのところが大きいけど、政治で大きいっていうのは根本的な部分によるからだと思えるんだなぁ。
  • これで文明国と言えるのか。社会全体の問題だが、例えば「無責任女性」小池百合子氏などの責任は重い。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: