ホーム

記事一覧

RSS

<首相指名>2位、衆参ねじれ 64年ぶり、民進の分裂余波


 1日の衆参両院本会議の首相指名選挙で、「2位」の議員の所属政党が衆参で異なる結果となったのは、64年ぶりの出来事だ。民進党分裂の余波が、異例の事態を引き寄せた。

 今回、衆院は立憲民主党の枝野幸男代表、参院は民進党の大塚耕平代表が2位だった。1953年は衆院で改進党の重光葵総裁、参院で左派社会党の鈴木茂三郎委員長が吉田茂首相(第5次内閣)に次ぐ票を得た。

 今回枝野氏には、立憲会派の55人(赤松広隆副議長を含む)と社民党2人、自由党2人、立憲の党員資格停止中の青山雅幸氏の計60人が投票。希望の党の渡辺周元副防衛相には、希望会派の51人が漏れなく投票した。

 民進党の大塚耕平代表は16票で、うち民進系の「無所属の会」13人、会派入りしていない重徳和彦氏に加え、希望と民進合流組の選挙区調整を担った玄葉光一郎氏が投票。自民党政権で建設相を務めた中村喜四郎氏も大塚氏に入れた。

<以下省略>

※引用元:

首相指名:2位、衆参ねじれ 64年ぶり、民進の分裂余波 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00m/010/108000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 立憲民主党は、日本共産党が立候補を取り下げた事による当選も多い。市民連合と野党共闘の発展に力を尽くし、国民の暮らし、福祉の向上と平和憲法を守って欲しい!
  • おいおい毎日新聞、この記事の写真に安倍総理はおかしいだろう?野党が混乱してる話だろう?毎日新聞は犯罪レベルの印象操作をしていないか?そろそろ発行禁止ではないか?
  • 【健全な与党の存在は大事。 でも、売国反日野党では困る。与 党の議員の中の売国反日議員も困る。 嗚呼、日本はいつまともな国家になるんだろうか・・・?】→
  • 政策無しの糞野党に捻れも捩れも無い。あるのは「ひねくれ」だけ。日本人(国民)を納得させる具体的な政策を持つ野党を誕生させねば。其は我々の一票で...
  • これでわかるのはえだのんは多くの議員に党首と言えども格上とは思われてない。もともと永田町のアウトローで他の議員からするとお手並み拝見なんだと思う。
  • 記事のタイトルとは別に見出しとは、裏腹に中身は野党崇拝の情報だ…あきれる腐った娯楽新聞!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: