ホーム

記事一覧

RSS

車大手、期間従業員の無期雇用を回避 法改正、骨抜きに


 トヨタ自動車やホンダなど大手自動車メーカーが、期間従業員が期限を区切らない契約に切り替わるのを避けるよう、雇用ルールを変更したことが分かった。改正労働契約法で定められた無期への転換が本格化する来年4月を前に、すべての自動車大手が期間従業員の無期転換を免れることになる。雇用改善を促す法改正が「骨抜き」になりかねない状況だ。

 2013年に施行された改正労働契約法で、期間従業員ら非正社員が同じ会社で通算5年を超えて働いた場合、本人が希望すれば無期に転換できる「5年ルール」が導入された。申し込みがあれば会社は拒めない。08年のリーマン・ショック後、大量の雇い止めが社会問題化したことから、長く働く労働者を無期雇用にするよう会社に促し、契約期間が終われば雇い止めされる可能性がある不安定な非正社員を減らす目的だった。施行から5年後の18年4月から無期に切り替わる非正社員が出てくる。

<以下省略>

※引用元:

車大手、期間従業員の無期雇用を回避 法改正、骨抜きに:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKBX7SBDKBXULFA00V.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 法改正、骨抜きに:朝日新聞デジタル:派遣制度導入は日本を不幸にした、派遣会社はピンハネ業・日本の世界的メーカーの製品の不祥事は、正社員を減らし派遣主体にシフトの経営が原因。日本人は共生・和の精神・チームで会社や社会に貢献を生きがいの価値観。
  • 何を今更。早稲田はやり口が悪辣で負けたが大学業界じゃどこもはじめてること。わたしも来年度非常勤雇い止め。まだ言われてないけど契約今年度こっそり変わってた。
  • 骨抜きどころか、法が決まった時点で契約更新打ち切り宣告受けてるし、新規の人たちは何故か3年契約になってる。来年4月は大規模椅子取りゲーム大会ですよ。
  • トヨタはWEC(耐久レース)に年間数十億、ホンダはF1に数百億(推測)。期間工を搾取して下請けを締め付けて道楽されても覚めるだけ。もう撤退しろよ。
  • 政府と経団連が氷河期世代を見捨てるのはもう確定路線なんだな。五輪が終わって打ちこわしとかええじゃないかが勃発してももう知らん。
  • あたかも確定的な印象を与える記事。 今は、製造で求人しても人を集めるのがとても大変な実態を朝日新聞は知らないのかね?
  • 以前ある弁護士が言ってたのを思い出した。「法令遵守していると言い抜け道を探すのは、法の精神を理解しておらず言語道断だ」。日本の基幹産業でなさけなや~


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: