ホーム

記事一覧

RSS

「ワーママの育休が同僚男性の負担に」 新聞投書欄の訴えに「笑わせるな!」と批判殺到


産休・育休が広がっていて、それが同僚男性らの負担になっている。私の夫は楽しみにしていた娘の小学校入学式に出席できなかった――そんな朝日新聞への投書がネット上で激しいバッシングを受けている。ワーママ(働くお母さん)に対する批判と受け止められたからだ。

一方で、この投稿内容は正論ではないか、という賛同の声もある。実は、「モンスターワーママ」なるものが存在していて、会社で「ワーママ特権」を利用し、同僚に迷惑をかける例が数多く報告されているからだ。

「妊娠するなら会社やめろといわんばかりの酷い投稿」

朝日新聞(2017年10月31日付朝刊、東京本社版)の「声」欄に掲載された「育休の肩代わり 過重負担では」という投稿が、激しい批判を浴びている。長崎県の40歳主婦の投稿で、夫が娘の小学校入学式のため休暇を申請したが、直前になり同僚の女性が育休を延長してしまった。楽しみにしていた夫は出社を命じられ、式に出るのを諦めた。夫は産休している同僚の仕事を殆ど肩代わりしたため過労が重なり、同じように過労で倒れてしまった人がいる。自分は片手間に育児はできないと考え、正社員だった会社を辞めている。その結果、子供の成長に寄り添う喜びを得た、とし、それぞれの家庭に事情はあるのだろうが、

<以下省略>

※引用元:

「ワーママの育休が同僚男性の負担に」 新聞投書欄の訴えに「笑わせるな!」と批判殺到|ニフティニュース

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-312982/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 足りなくなった工数を吸収出来るだけの増員すればいい。経営者が算数できないだけ。人的余裕を置くとコストかかるからね。その程度の経営ってこと。
  • 業務範囲が曖昧なので特定の誰かに負担集中、その分の賃金を上乗せする柔軟な報酬制度がないから不満だけ募る、というスパイラル。
  • 現状を知ってほしい、というキモいはよくわかるが、片手間など言葉の端々に怒りが顕になっていて、共感しにくい。もったいない。
  • 記事詳細|Infoseekニュース 育休を取ってる人間の復帰予定日を鵜呑みにするからそうなる。「復帰したらラッキー」くらいで考えれば良い。
  • これ、管理職クラスの頭が化石並みに古すぎて起きてることです。


















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: