ホーム

記事一覧

RSS

「偽装留学生」排除へ 勉強は二の次、実態は“出稼ぎ” 審査厳格化へ


 勉強よりもお金が大事? 平成27年度に20万人の大台を超え、増加を続ける日本への外国人留学生。しかし、全体の6割超を占める中国やベトナムなど5カ国からの留学生の一部が、実際は“出稼ぎ”を目的とした「偽装留学生」化している実態が問題化している。事態を重く見た法務省は、受け入れ審査の厳格化を求める文書を各地方の入国管理局に発付。不法就労や不法滞在の温床ともなっている現状の適正化に乗り出した。

「授業ほとんど寝てる」

 「日本に来たのは働いてお金を稼ぐため」

 7月、千葉県内で取材に応じたネパール国籍の男子留学生(23)はこう明かした。

 男子留学生は週6日、大手宅配会社で深夜帯の集荷アルバイトに従事。日本語学校に通っているが、「授業中はほとんど寝ている。でも、私だけじゃなく同級生の大半が同じ」と悪びれる様子はない。“お金が第一、勉強は二の次”との考えが留学生の一部に広がっている実態がうかがえる。

<以下省略>

※引用元:

勉強は二の次、実態は“出稼ぎ”の「偽装留学生」排除へ 日本ようやく審査厳格化に乗り出す

http://www.sankei.com/premium/news/171104/prm1711040020-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 費用負担者の金融機関の残高証明書や所得証明書、納税証明書などの提出が義務付けられた。今年7月以降の入学予定者から適用されているという。
  • 「留学費用の支払い能力」などを証明するため、費用負担者の金融機関の残高証明書や所得証明書、納税証明書などの提出を義務付け。→実態はヒドイよな…
  • これ、雇用している企業側に非はないのですかね? あと、成長戦略の一環として、留学生の就職率の引き上げを決定したのは安倍政権でしたよね。
  • まず特別永住許可の廃止と、 各種補助金の国籍差別の禁止と、 国籍条項(日本人限定)の導入と、 ナメた許可出したアカい責任者どもの処分が先だ。
  • 【文科省利権、協会と補助金】 語学予習から大学斡旋、留学生の生活と学費はタダ、全て税金で負担。 二重インカム、ニセ留学生天国。
  • 遅すぎる対応です!このようなふざけたさっさと制度は廃止すべき!年間一人辺り262万円を与えています。中韓は日本の血税で学び反日に転じます。
  • 法務省は審査が膨大で調査が出来ないと言うが法務省による日本人対象の言論弾圧等を考えるとそうは思えない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: