ホーム

記事一覧

RSS

「どんなに怖かったか」友人ら悲痛 座間1遺体身元判明


 神奈川県座間市のアパートから男女9人の遺体が見つかった事件で、23歳の女性、田村愛子さんの身元が明らかになった。「死にたかったからじゃなくて、心の救いを求めて容疑者の家に行ったのだとしたら、どんなに怖かっただろう」。山梨県甲州市の小学校で同級生だった女性(23)は、田村さんの最期を思い、声を震わせた。

 田村さんは4年生のときに転入。運動神経がよく、運動会ではリレーの選手や鼓笛行進の副指揮を務め、練習に励んでいた。卒業アルバムには飼育委員としてウサギを抱きあやす姿。同級生は「仲良く遊んだ記憶が今もある」と話す。

 「おとなしい子だったけど、話すといつも笑顔で優しかった」という田村さん。ディズニーなどキャラクターの絵がプリントされた紙をプレゼントしてくれたときは、「お母さんが作ってくれたんだ」とうれしそうに話していた。

<以下省略>

※引用元:

「どんなに怖かったか」友人ら悲痛 座間1遺体身元判明:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKC60J4HKC5UTIL038.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 被害者の実名や写真の掲載はあきらかにマスコミによるセカンドレイプだ!毎回思うが報道に被害者の実名、顔写真必要なの?マスコミの取材力の無さの証明では?もし自分の娘が被害者だったら実名顔写真掲載できる?
  • 中1のころ学校でトラブルがあり、家に閉じこもったという被害者の女性。報道陣が被害者の顔写真を探して掲載することの是非は一旦置いとくとして、23歳の女性の写真が小学校の卒アルからしか見つからなかったことの寂しさを思わずにはいられない…。
  • 此のような悲惨な事件が起きてもネットの怖さが解らないのか?安全に使えば楽しいが裏の怖さも理解した方がいい。怖いと思うだけで事件になりにくい。
  • 被害者の氏名は公表すべきでない。この殺人奇に家を与えた親は非難に値するが、被害者はよい。
  • 制度的な不備も疑う。あまりにも凄惨だ。暗澹たる気持ちになる。





















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: