ホーム

記事一覧

RSS

<トランプ大統領>米国製防衛装備品「大量購入」要求に波紋


 トランプ米大統領が来日時に、米国製防衛装備品の「大量購入」を要求したことが、政府内で波紋を広げている。厳しい財政事情から防衛費全体の急増は見込めないうえ、米国からの装備品購入は安倍政権下ですでに増加しており、これ以上の対応は難しいためだ。

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で「自衛隊の装備品は防衛計画の大綱や(5年ごとに大枠の予算と購入品を定める)中期防衛力整備計画(中期防)に基づき、米国製を含めて計画的に取得している」と述べ、現行計画にない装備品の追加購入に慎重な姿勢を示した。

 トランプ氏は6日の記者会見で「日本が大量の防衛装備を買うことが好ましい。そうすべきだ」と訴えた。7日には「訪日と安倍(晋三)首相との友情が、我々の偉大な国に多くの利益をもたらす。軍事とエネルギーで莫大(ばくだい)な発注があるだろう」とツイッターにつぶやいた。

 近年、米国からの装備品購入は大幅に増加している。ほとんどは米政府が提示する条件を受け入れなければならない政府間取引の有償軍事援助(FMS)だ。FMSによる購入額は、2008~12年度の5年間で計約3647億円だったが、安倍政権が予算編成した13~17年度は、計約1兆6244億円と約4.5倍にはね上がった。ステルス戦闘機F35、垂直離着陸輸送機オスプレイ、弾道ミサイル防衛対応のイージスシステム(イージス艦搭載)など高額装備品の導入が増えたためだ。トランプ氏が「世界最高の戦闘機」と言及したF35は計42機の購入が決まっており、陸上配備型の新型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の導入も決定済みだ。

<以下省略>

※引用元:

トランプ大統領:米国製防衛装備品「大量購入」要求に波紋 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20171108/k00/00m/010/118000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • トランプ大統領の言いなりになって、既に過去に例を見ない膨大な費用をかけている防衛装備品名目で、更に拡大させるのか?必要性含め、検証が求められる。
  • < 🃏の目的は自分を支持する企業の製品を日本に買わせ儲けさせ自分の支持を維持しょうとする算段なんだろう。外務省幹部はそのアメリカ企業と裏取引があるのだろう。
  • そろそろ「自国では持ってるのに他国に核廃絶とかおかしくね!?」ってツッコミを入れる人が出て来てもいいと思うんだけど。いつまでアメリカファーストなのかこの国は。
  • それの財源は、どうなっとるん?消費税他もろもろ増税って言う前に、やること沢山あるやろ?
  • また、訓練費用減らされて、自衛隊員、死ぬんじゃねーの? 自民党の若手議員、国会の場外でいいから、「財源はどーするんだ!?」って、言ってやれよ。
  • 米が先制攻撃すれば拉致被害者にも命の危険が。家族との面会だけで大量に購入させれば売り込み大成功。
  • トランプ親子は日本に金をたかりに来たのか。NOとかわせない能無し首相なら、アベとアベ友達の小遣いから出せよって話です。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: